09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

注意欠陥多動障害について

2010.02.03 (Wed)

落ち着きなく動き回り物事に集中して取り組めない
といった注意欠陥多動障害は意外と多いようです。

今日は、注意欠陥多動障害についてのお話です。

子供のうち、数パーセントで見られ、発見が遅れると、
いじめの対象になるなど2次的な問題も生じて子供
人格形成にも影響するようです。

注意欠陥多動障害は通常、子供が幼稚園や
小学校で集団生活を送るようになって初めて親が
気付く場合が多いようです。

発症はもっと早い時期だそうで、子供が1人歩きが
できるようになる1歳過ぎには、この障害のため、
走り回っていて、片時も休まなかったと訴える
お母さんもいるようです。

幼稚園に入園して、クラスでうまくいかなかったり、
本人に悪気はないのに1人で騒いでいたりするなどで、
発症が発見される場合が多く、それを見逃したり、
放置したりしていると、2次的な問題が出てくるようです。

学校でいじめられる、逆に暴力的になるなど、問題
行動を起こす子供もいるそうです。
最近は、小学校高学年になって、2次的な問題で
受診するケースが増えているようですよ。
発見が遅れるほど人格形成に影響するので、早期
発見を心掛けるべきだそうです。

子供に、集中力がない、落ち着きなく動き回る、
日常生活や学校生活に支障を来すなどの状態が
半年も続くような場合は、まず最寄りの小児科を
受診する方いいようです。

注意欠陥多動障害の子供は、幼いころからしかられ
続けているため、自信をなくしており、悪いところを
指摘するばかりでなく、良いことをしたときは、
すかさず褒めてやることが大切なようです。

また、宿題などをするときは、気分を集中させるため、
机の上に余分な物は置かず、まず5分間続けるように
するといいそうで、それを1日数回行うなど工夫し
ながら根気よく指導する必要があるそうです。





スポンサーサイト

タグ : 注意欠陥多動障害 落ち着きない 人格形成

13:37  |  幼児  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

子供のいびきに気をつけて

2010.01.19 (Tue)

子供いびきは、放置していると原因疾患を見逃すばかりか、
発育に大きく影響するそうです。

今日は、子供いびきについてのお話です。

いびきは、気道の悲鳴と考えてみましょう。

子供の気道は成人に比べて狭い上、喉頭とへんとうとが近い
ので、口からは空気がうまく入りにくいそうです。
このため、鼻が詰まったときなどには、子供は成人よりもいびき
かきやすいが、それが毎日のように続く場合は要注意だそうですよ。

習慣性のいびきの場合は、急性鼻炎アレルギー性鼻炎、慢性
副鼻腔炎、へんとう肥大などの病気が原因になっているケースが
ほとんどのようです。

中でもへんとう肥大は、赤ちゃんから学童期の子供の10人に
1人はかかっているとみられるほど多いそうで、この病気があると、
食べ物が食べにくくなるので、よく水を飲むようになり、その結果、
食が細くなったり、偏食になったりするようです。

もちろん睡眠中は、いびきによって空気の取り込み量が減り、
低酸素状態になり、加えて、熟睡できないので、成長ホルモンの
分泌も悪くなるそうです。

発育盛りの子供が睡眠も栄養も十分でなければ、低身長、
低体重、虚弱体質、運動能力の低下を招くそうです。

問題は、それだけではありません。いびきがひどくなると、心臓に
負担が掛かり、呼吸困難から、突然死に至る危険性が増すそうで、
特に、いびきが大きい、いびきといびきの間に呼吸が止まる、といった
ケースは注意が必要だそうですよ。

一方、いびきは精神面にも大きく影響する。常に活気がなく、
他の子供と遊べないなど、積極性に欠けるようになり、学力の低下
にもつながるそうで、いびきは心身両面で子供の発育に大きく影響
するようです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 子供 いびき 急性鼻炎 アレルギー性鼻炎

11:58  |  幼児  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

乳幼児の不同視弱視とは

2010.01.15 (Fri)

乳幼児の左右の視力に大きな差がある「不同視弱視」を
ご存知ですか?
3歳児健診のときの視力検査で発見でき、すぐに治療を
始めれば、手遅れにならないそうです。

乳幼児の 目の発達についてのお話です。

不同視は、左右の目の屈折度、つまり、遠視、近視、
乱視の度合いに大きな差がある状態を言いますが、
生まれつき片方の目の遠視や乱視の度合いが強いと、
その目は鮮明な像を結ばないため、その目の発達が遅れ、
弱視となります。こうした弱視を不同視弱視と呼ばれて
います。

子供は片方の視力が正常なら、その目で物を見て、
不自由なく行動するため親は、子供の行動からは、
視力の異常が分からず、不同視弱視があっても気付か
ないようです。

ほとんどのケースは、3歳児健診のときの視力検査で、
初めて気付くそうですよ。

生まれたばかりの赤ちゃんは、明るいか暗いかぐらいしか
分からないが、生後1カ月半ごろから、物を見る機能は
急速に発達し始め、視力のほかに、ピントを合わせたり、
左右の目で見た像を頭の中で1つにまとめたり、多くの
能力が発達します。

幼児の視機能の発達は、1歳半前後でほとんどピークに
達し、8歳ごろで終わりますので、8歳ごろまでに物が見え
にくい時期があると、その目の視力の発達は止まってしま
います。
8歳で不同視弱視に気付いたのでは手遅れだそうです。。

3歳児健診時の視力検査は、自治体から送られてくる
動物などの絵が描かれた視標やランドルト環(輪の一カ所
が欠けた絵)を使い、家庭で行うことが多く、不同視弱視
の症状は、通常は全くなく、視力検査をしてみて子供の
答えがおかしいとか、片方が見えにくいようだとか、少しで
も両目で見ているときと違うと感じたら、眼科医に相談
することが重要です。

屈折度に合わせて調製した眼鏡を掛けさせたり、
良い方の目を隠して、悪い方の目だけで物を見させる
弱視訓練など専門的な治療を行ったりするようにしま
しょう。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳幼児 不同視弱視 屈折度

09:13  |  幼児  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

乳児の急性細気管支炎

2010.01.12 (Tue)

風邪は万病のもとといいいますが、、風邪の後などに起きる
子供の急性気管支炎、急性細気管支炎には気を付ける
必要があるそうです。

そこで、急性細気管支炎についてのお話しです。

特に乳児に多い急性細気管支炎は、急激に進行し、
重症になることがあり、子供が風邪を引いたときは、早めに
小児科へ行ったほうがいいようです。

急性気管支炎は、風邪などでの上気道炎に引き続いて
起こる病気で、左右の肺に分かれる気管分岐部から
細気管支炎までの下気道に炎症が生じ、せきや38度
前後の発熱を伴います。

せきは、最初はこんこんといった乾いたせきですが、徐々に
たんが絡んだような湿ったせきになるそうです。

また、最近は気管支が過敏な子供が増えており、ゼーゼー、
ヒューヒューというぜん鳴を伴う場合もあるようです。

急性気管支炎は、ウイルス感染が原因のことが圧倒的に
多く、年少児ではレスピラトリー・シンシチアル(RS)ウイルス、
パラインフルエンザウイルス、年長児ではインフルエンザウイルス、
ライノウイルスが代表的。これらの中で、一番注意を要するのは
RSウイルスだそうです。

RSウイルスに感染すると、上気道炎から急性細気管支炎
起こし、数日で進行します。
これは、生後6カ月以下の乳児に多いのですが、呼吸困難を
起こしたり、唇が紫色になるチアノーゼを伴ったりするようです。

ウイルスに対する特効薬は、現段階ではないそうで、このため、
治療には、補液や解熱剤、せき止め薬、気管支拡張剤などが
用いられますが、これらはあくまで対症療法なので、まず誘因と
なる風邪の治療に万全を期すとともに、風邪の流行期には
予防を徹底することが必要だそうです。

両親は、こうした病気があることを認識した上で、子供や乳児
が風邪を引いたときは、早めに最寄りの小児科を受診しましょう。


テーマ : クローン病 - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳児 風邪 急性細気管支炎

17:17  |  幼児  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

揺さぶられっ子症候群を知っていますか?

2010.01.06 (Wed)

揺さぶられっ子症候群は、赤ちゃんの頭を強く揺することが
原因で起きるそうです。

脳に障害が残るほか、死亡する場合もあるそうです。

今日は気をつけたい、揺さぶられっ子症候群についての
お話です。

2001年の冬の夜、厚生連昭和病院に顔色が悪く、ぐったり
として動かなくなった生後2カ月の赤ちゃんが連れてこられ
たそうで、検査をした結果、くも膜下出血が起きており、
数日後に硬膜下血腫も見つかったそうです。

くも膜と硬膜は、頭がい骨の内側で脳を覆って守っている膜、
血腫とは出血によってできた血の塊のようなもののことで、
揺さぶられっ子症候群と診断されたそうです。

赤ちゃんは、栄養状態も良く、皮膚もきれいだったのですが、
両親に聞いたところ、日ごろから泣きやませようとして、高い高い
など不適切なあやし方を繰り返していたそうです。
まだ首が据わっていないのに、首を支えずにあやしていたそうで、
赤ちゃんの脳はまだ軟らかく、頭がい骨の中でぐらぐらと動きやす
いので、激しく動くと血管が切れて出血します。
そのため脳の細胞も傷つくと考えられ、こうしたことによって脳に
障害が生じるようですよ。

国内で揺さぶられっ子症候群と診断された20人を調査したところ
受診時に親が訴えた症状は、けいれん、ぐったりして動かない、
呼吸がおかしい-などで、全員に頭がい内出血があったそうです。

6人は回復して元気になったが、6人が死亡、ほかの6人には体や
視力、精神の障害が残り、他の2人は不明だそうです。
原因として虐待も考えられるが、虐待だと分かっているか、または
その可能性が高いのは、合わせて6人だったようです。

赤ちゃんが泣く原因を考えもせずに、ただ泣きやませようと揺さぶる
ようですが、不適切なあやし方には、背景に赤ちゃんについての
無知があるそうで、赤ちゃんを大人や幼児と同じだと思ってはいけ
ないようです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 揺さぶられっ子症候群 くも膜下出血 硬膜下血腫

11:08  |  幼児  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。