09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

おねしょについて

2010.02.02 (Tue)

小学校の中学年になっても、おねしょを頻繁にする
子供がいるようです。

そこで、今日はおねしょについてのお話です。

なかなか治らない場合は、本人も親も悩むが、
親は「焦らず、怒らず、起こさずの気持ちで対応する
ようにしましょう。

赤ちゃんは、一定量の尿がたまると反射的に排尿
してしまうが、成長するにつれ次第に尿意を感じて
から排尿するようになり、4歳くらいから夜間には
排尿しなくなるようです。

睡眠時は、尿が出るのを抑える抗利尿ホルモン
脳から分泌され、尿の量が減ります。
このホルモンが働くようになるのが4歳くらいなので、
5歳以上のおもらしをおねしょと言います。

おねしょは、辛抱が足りない、だらしないなどの
性格が原因なのではなく、ぼうこうのサイズが小さい、
抗利尿ホルモンの分泌が少ないなどの身体的な
原因によることが多いようですよ。

水分や塩分の取り過ぎも、おねしょを誘発するので、
おねしょで困っている場合は、水分は午後3時以降は
制限する必要があるそうで、夕食後はやめた方がいい
ようですよ。

子供の好きなスナック菓子、インスタントラーメン、
ふりかけ、すしなどは塩分が多いので注意しましょう。

おねしょは、冷えとも大きな関係があるので、冷え性の
子供の場合は、寝る前に入浴して、寝相が悪ければ
腹巻きをしてソックスを履かせることも効果があるそうで、
夏には、冷房による冷え過ぎにも気を付ける必要があ
るようです。

おねしょの子供に対して、親や周りの大人は、焦らず、
怒らず、起こさずに対処するのが原則で、おねしょを
しなかった朝や、水分を我慢できたときには、ほめる
ようにしましょう。

スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : おねしょ 抗利尿ホルモン ぼうこう

09:49  |  子供  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

子供の横目遣い症候

2010.02.01 (Mon)

お子さんが大好きなテレビのアニメを見るとき、いつも顔を
斜めに向けて横目にするので、それに気付いたお母さんが、
最寄りの眼科に連れていったところ、「横目遣い症候」と診断
されたとの話をよく聞きます。

そんな横目遣い症候についてのお話です。

通常、物を見るときには、それを正面から見ようとしますが、
目や全身にこれといった異常がないのに、横目で見てしまう。
それも集中して見ようとすればするほど、横目になるような
ケースを横目遣い症候と言います。

1950年代後半から、テレビの普及とともに目立ち始め、現在も
幼稚園から小学校低学年の子供に時々見られるそうです。

病気か否かについて両論ありますが、1種の癖と考えられて
いるそうです。

物を見るときは、目だけで対象物を追うよりも、顔を一緒に
動かすことが多いのですが、そのバランスが悪いという説も
あり、実際にはよく分かっていないようです。

特に治療は必要なく、成長するとともに自然に改善し
、成人すると、ほとんど異常は認められなくなるそうです。

首が曲がる斜頚(けい)や、視力への影響を心配する
お母さんがいますが、横目遣いは一時的なものなので、
問題はないようですよ。
ただし、素人判断は禁物です。横目遣い症候と似た
症状を呈する病気もあります。

目玉が揺れる眼球震盪乱視などの屈折異常、目の筋肉や
神経のまひなどがそうだそうです。

横目遣いの症状に気付いたときは、最寄りの眼科を受診し
て原因を調べてもらうのがいいでしょう。

子供が横目遣いで物を見ると、両親はしかったり、
注意したりしがちですが、これは子供にとって心理的な
ストレスになり、心の発達に悪影響を与える恐れがある
そうです。

また、逆に、子供は親の注意を引くために横目遣いを
する可能性もあり、その結果、治りにくくなる場合もあ
るようです。

子供は横目遣いを自分で気付くと、治すようになるので、
両親はあまり神経質になったり、早く治そうと焦ったりし
ないで、長い目で温かく子供を見守ってやりましょう。
そうした両親の姿勢が、治療の近道になるそうです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 横目 眼球震盪 乱視

13:45  |  子供  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

子供の発熱

2010.01.30 (Sat)

今日は、子供の発熱についてのお話です。

子供が高熱とともに、だるそうで、食欲もない場合は、
解熱剤の使用を考えてもいいそうです。

子供の平熱は、大人より高い。乳児は37度以上ですが、
幼児、小学生と成長するにつれて、平熱は下がり次第に
大人と同じくらいの体温になるようです。

一般に、「熱がある」という状態の認識も、最近は変わって
き、予防接種は、かつては体温37度を超えると受けられ
なかったが、現在では37.5度までなら受けられるようにな
りました。
平熱が、37度台の半ばくらいの子供もいれば、36度以下
の子供もおり、そのため、子供の発熱と言うのは、37.5度
以上が目安だそうです。

ウイルス感染による発熱は、風邪やインフルエンザに限らず、
乳児の時期には、白色の便が出る下痢やぜんそく症状を
起こすウイルスの場合もあるそうですよ。

発熱は、体を守るための反応で、ウイルスの侵入に対し、
免疫機能が働き、感染を防いだり、感染しても軽い症状で
済んだりするように、体からさまざまな物質が出るために起き
るようです。

人の体は、40度の熱が出ても、じっと寝ていれば治るように
できていますが、高熱でつらそうな子供が目の前にいれば、
親は心配が募ります。
子供が、体温が高く、元気がなくて、だるそうにしていたり、
食欲がなかったりした場合は、放っておかないで、市販の
解熱剤を使うのもいいそうです。
その場合、気を付けたいのは薬の成分で、安心して使える
アセトアミノフェンという成分の薬を選ぶといいようです。

座薬の場合は、排便を済ませてから使うと吸収されやすい
そうです
高熱が続くと体から水分が排出されるため、水分の補給が
大事になり、水、さゆ、ジュースなど何でもいいが、吐かな
いで飲めるものを与えるように。下痢を伴っている場合は、
牛乳やアイスクリームは避けましょう。


 

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 発熱 高熱 解熱剤

09:15  |  子供  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

小児ぜんそく

2010.01.26 (Tue)

小児ぜんそくが増えているようで、子供の6、7%に
見られると推定されているそうです。

今日は、そんな小児ぜんそくについてのお話です。

3歳前後の子供に発症するケースが多く、最近は
乳児にも見られ、発作は秋に誘発されやすい
そうです。

ぜんそくは漢字で「喘息」と書くが、文字通り、喘ぎ
苦しみながら、息をするという意味で、気管支が
過敏になっているため、刺激が加わるとせきが続い
たり、ぜいぜい、ヒューヒューというぜん鳴を繰り返し
たりする慢性的な病気ということです。

ぜんそくは、アレルギー型感染型に大別されるが、
子供の場合はほとんどがアレルギー型で、その原因
物質(抗原)は、室内のちりやダニ、花粉といった
吸入抗原のほか、牛乳や卵などの食べ物が抗原
になるケースもあるようですよ。

気密性の高い住宅で、カーペットを敷くといった
住環境に、食生活の欧米化が重なって小児ぜん
そくが増えているようで、大気汚染やストレスの影響
もありますが、発作が誘発されやすいのが季節の変化
だそうです。

特に秋は台風が来たり、寒冷前線の影響で天候
が急に崩れたりして、発作が誘発されやすいようです。

原因ははっきりしませんが、一般に雨の日の方が
快晴の日より発作が多く、気圧や気温の変化が
関係していると思われます。

もちろん個人差はある。例えば、台風が来る前に
発作を起こす子供もいれば、天気が回復してから
発作に襲われる子供もいるようで、天候には関係
ないケースもあるそうです。

このように原因や誘因だけでなく、発作の頻度や
出方、重症度も1人ひとり異なるため、治療法も
その子供に合った方法が必要になりますが、発作
を起こさないように管理することが、特に重視され
るようです。

原因や誘因を除去するとともに、最近は弱い薬を
長期的に用いるといった予防的治療に移行しつつ
あり、それには、家族と本人の協力が欠かせない
ようです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 小児ぜんそく アレルギー型 感染型

10:53  |  子供  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

子供の肥満について

2010.01.25 (Mon)

太り過ぎの子供は、生活習慣病の危険を抱えている
そうです。

今日は、子供の肥満についてのお話です。

肥満児は血圧が高く、動脈硬化が進み、脂肪肝の
割合が非肥満児に比べて非常に高いそうです。

関東地方の小児生活習慣病予防検診の結果では
肥満児は、小学4年の13.0%、中学1年の10.8%だ
そうです。

肥満度の計算は、本人の体重から標準体重を引き、
それを標準体重で割り、それに100を掛けるもので、
標準体重は、性別、年齢、身長から算出されている
ようです。

生活習慣病の危険を抱えている肥満児の割合を、
同様の非肥満児と比べてみると、高血圧は数は少ないが、
小4、中1共に非肥満児の4倍以上だったそうです。

動脈硬化が進みつつあるのは24%と23%で、非肥満児
の6倍ほど。脂肪肝になっているか、なりつつある子供は
19%と15%で、非肥満児の23倍、35倍だったようです。

肥満児が、すぐに高脂血症や糖尿病になるわけでは
ないのですが、将来その危険性はあるようです。

肥満児は早食いで、あまりかまない傾向があり、食事の
内容とともに食べ方も親の影響を受けるので、親子で
一緒に食生活を改善していくよう指導が必要なようです。

食事やスポーツについて、簡単にチェックできる専用の
カレンダーを作って、楽しく達成感が得られる工夫も効果的
でしょう。


テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

タグ : 肥満児 高血圧 動脈硬化

16:47  |  子供  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。