FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

インフルエンザの予防接種の効果

2018.10.22 (Mon)

みなさんは、インフルエンザの予防接種はしていますか。
いろいろな効果があるワクチンですが、最近ではこの予防接種
について誤解されている方を見かけます。

インフルエンザにかかる場合は、大きく分けて感染と発症という
プロセスがあります。インフルエンザワクチンはこの感染を抑え
る働きはありません。インフルエンザワクチンは発症を抑え、合
併症や死亡などの重症化を防ぐという効果が認められています。

ワクチンは免疫をつけるために接種するものですが、免疫がつ
く以外の反応(副反応・副作用)を起こすことがあります。しかし、
インフルエンザの副反応は一般的に軽微な症状です。

<接種した場所に起こる副反応>
接種を受けた人の10~20%の人は、注射をした箇所が赤くなる、
腫れる、硬くなる、熱を持つ、痛くなることがあります。これらの
症状は通常2、3日で消失します。

<全身の副反応>
接種を受けた人の5~10%の人に発熱、悪寒、頭痛、嘔吐、下
痢、倦怠感、一過性の意識消失、めまい、リンパ節の腫れなど
の症状が起こることもあります。これも通常は2、3日でなくなります。

<重篤な副反応>
さらに、非常にまれな副反応として以下のような症状が起こるこ
とがあります。
■アナフィラキシー症状
■急性散在性脳脊髄炎
■ギランバレー症候群
■肝機能障害、黄疸
■ぜんそく発作

インフルエンザワクチンを接種してから効果があらわれるまでには、
およそ2週間かかるといいます。効果は5ヶ月ほど続きますので、接
種を希望される方は流行期に入る前に、済ませておくことをおすす
めします。

なお近年では「ワクチンはあまり効果がないのでは?」という意見も
あり、接種についても賛否両論になっています。もし接種をお考えの
方は、かかりつけの医師に相談してみることをおすすめします。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

13:35  |  インフルエンザ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

インフルエンザの予防接種

2018.10.02 (Tue)

みなさんは、インフルエンザの予防接種はしていますか。
いろいろな効果があるワクチンですが、最近ではこの予防接種
について誤解されている方を見かけます。

インフルエンザにかかる場合は、大きく分けて感染と発症という
プロセスがあります。インフルエンザワクチンはこの感染を抑え
る働きはありません。インフルエンザワクチンは発症を抑え、合
併症や死亡などの重症化を防ぐという効果が認められています。

ワクチンは免疫をつけるために接種するものですが、免疫がつ
く以外の反応(副反応・副作用)を起こすことがあります。しかし、
インフルエンザの副反応は一般的に軽微な症状です。

<接種した場所に起こる副反応>
接種を受けた人の10~20%の人は、注射をした箇所が赤くなる、
腫れる、硬くなる、熱を持つ、痛くなることがあります。これらの
症状は通常2、3日で消失します。

<全身の副反応>
接種を受けた人の5~10%の人に発熱、悪寒、頭痛、嘔吐、下
痢、倦怠感、一過性の意識消失、めまい、リンパ節の腫れなど
の症状が起こることもあります。これも通常は2、3日でなくなります。

<重篤な副反応>
さらに、非常にまれな副反応として以下のような症状が起こるこ
とがあります。
■アナフィラキシー症状
■急性散在性脳脊髄炎
■ギランバレー症候群
■肝機能障害、黄疸
■ぜんそく発作

インフルエンザワクチンを接種してから効果があらわれるまでには、
およそ2週間かかるといいます。効果は5ヶ月ほど続きますので、接
種を希望される方は流行期に入る前に、済ませておくことをおすす
めします。

なお近年では「ワクチンはあまり効果がないのでは?」という意見も
あり、接種についても賛否両論になっています。もし接種をお考えの
方は、かかりつけの医師に相談してみることをおすすめします。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

09:34  |  インフルエンザ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

新型インフルエンザワクチンの接種

2009.10.20 (Tue)

やっと新型インフルエンザワクチンの接種が
始まりました。  

ご存知の方も多いとは思いますが、10月19日ついに医療従事者に対
する新型インフルエンザワクチン接種が開始されました。
そこで今回は、新型インフルエンザのことをお話したいと思います。

今回のワクチン接種は医療従事者約100万人が対象とされるものでし
た。自治体によってはワクチン配分の調整に手間取り19日からの接種
ができない都道府県も多かったようです。

11月中旬からは妊婦や持病を持った人を対象とした接種が予定されて
いますが、自治体との連携がとれていない現状では計画に遅れがでるの
ではないかとも心配されています。

その計画というのが新型インフルエンザワクチンの接種に関する予定表
です。新型インフルエンザワクチンは、その数が限られていることから
接種にあたって優先順位と接種開始時期が決められています。


①インフルエンザ患者を診療する医療従事者、救急隊員

②妊婦 / 基礎疾患のある人

③1歳~小学3年生

④1歳未満の小児の保護者 / 優先接種対象者のうち、身体上の理由で
ワクチンを接種できない人の保護者

⑤その他(小学4年生~高校生)(高齢者)

今回の新型インフルエンザワクチン接種費用は、通常1回目の接種が3
600円、2回目の接種が2550円です。
しかし、接種を実施している医療機関は少なく、事前に予約が必要です。

また最近になって政府から、13歳以上は1回の接種で充分な免疫が
できるとの発表もありました。
接種の予約をする際は各自治体に詳しく確認しましょう。

また、新型インフルエンザワクチンといっても、国内産と輸入のものと
があります。
輸入のものは国内産と比べて安全性が確認できていないと
もいわれています。

ワクチンの副作用についてもよく理解したうえで接種することが重要です。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 新型インフルエンザワクチン 接種 医療機関

10:00  |  インフルエンザ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「新型インフルエンザA(H1N1)」を予防しよう

2009.10.17 (Sat)

昨日お話したように、新型インフルエンザA(H1N1)は
誰も免疫をもっていないウイルスです。

そのため通常の季節性インフルエンザに比べると
感染が拡大しやすいと考えられています。

そこで今回は、感染しないためにはどのような
予防法が効果的なのかご紹介したいと思います。

インフルエンザの感染には大きく分けて2通りあります。

①飛沫感染:感染した人の咳・クシャミ・つばなどと
ともに放出されたウイルスを健康な人が吸い込むケース。

②接触感染:感染した人がクシャミ・咳を手で押さえた
後に、机・ドアノブ・つり革などに触れるとウイルスが
付着することがあります。
その付着したウイルスに健康な人が触れ、その手で
目や鼻をさわることで感染するケース。

つまり予防を考えるうえで、感染した人からの飛沫を
防ぐこと、そして外出先から帰ってきたときなどに
手洗いを徹底すること・が重要になってきます。

政府や自治体からの注意喚起にもあるように、
必要のない外出は控え、うがい・手洗いを徹底
しましょう。

マスクをはずすときには、マスクに触れないように
してビニール袋へ入れて捨てます。

また、マスクだけでは完全に予防することは
できないので、日常生活のなかでもお互いに
距離をとるなどの配慮を心がけましょう。

高齢者・妊婦・乳幼児などが感染した場合、
タミフルやリレンザなどが投与できずに重症となる
可能性が高いと考えられています。

こういった免疫力の低い人は、人ごみに入らない
ようにすることが1番です。

もし発熱し、新型インフルエンザに感染した
可能性があるように感じたときは都道府県ごとに
設置されている新型インフルエンザ相談窓口へ
電話しましょう。

安易に医療機関へ駆け込まず、冷静に指示を仰ぐ
ことが大切です。

信憑性の低い情報でパニックすることなく、正確な
情報をシッカリと頭に入れて正しい予防法をして
いきましょうね。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 新型インフルエンザ 感染 予防

10:13  |  インフルエンザ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

新型インフルエンザ

2009.10.16 (Fri)

今回は、最近ニュースや新聞でさわがれている
新型インフルエンザについてお話したいと思います。

というのも5月16日以降、兵庫県や大阪府などで
感染確定の例が相次いで報告されていらい、
ついに国内での感染が拡大して、学級閉鎖や
学校閉鎖などが発生しています。
これから、寒くなり一段と流行の心配が危惧され
ている今こそ、正しい知識をおさらいしておきましょう。

新型インフルエンザと一言にいっても、
今回はブタ由来のインフルエンザで正式には
A型インフルエンザウイルスH1N1亜型です。

一部報道では「豚インフルエンザ」などとも呼ばれて
いましたが、“豚肉を食べると感染する”というような
誤解を招いてしまうこともあり、今では「新型インフル
エンザA(H1N1)」と表現されています。

このインフルエンザA(H1N1H)は感染力は強いものの、
弱毒性だといわれています。
そのため、もし感染したとしても重症になりにくく
死者も少なくすむ可能性が高いということです。

しかしこれから先、本当に心配しないといけないのは、
弱毒性であるとされてる「新型インフルエンザA(H1N1)」が
変異して強毒性になってしまうことです。

今までにない新たなウイルスに対して、人類は抗体を
もっていません。
そのため感染は急速に広まり、人から人への感染を
繰り返すなかでウイルスそのものが変異することが
あるのです。

例えば今まで有効とされていたタミフルに耐性を
もつようになったり、弱毒性だったものが強毒性に
なってしまう可能性があるのです。

通常の季節性のインフルエンザとの違いもここにあります。
抗体がないために急速に広まる新型インフルエンザですが、
それ以上に恐ろしいのは感染した人間の体内でウイルスに
変異が起きることです。

変異を防ぐには人から人への感染拡大を抑え、「出来る
限り感染者を減らすこと」が大切です。

むやみにパニックを起こす必要はありませんが、1人1人が
冷静にそして慎重に行動するよう心がけましょう。

明日は、効果的な予防法をご紹介したいと思います。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 新型インフルエンザ 新型インフルエンザA(H1N1 タミフル

11:12  |  インフルエンザ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |