09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

C型肝炎の治療

2010.11.26 (Fri)

肝がんによる死亡者の約9割は、C型肝炎から
移行したケースだそうです。
C型肝炎と分かったときには、専門医による適切な
治療が必要です。

C型肝炎は、C型肝炎ウイルスに感染する病気で、
主に血液を介して感染します。

感染後、約7割の人は慢性肝炎を起こします。
その後20-30年を経て、肝硬変から肝がん
移行するそうですが、肝硬変になるまで自覚症状は
ないそうです。

現在、全国に200万人以上ものC型肝炎の人が
いるとみられているそうで、毎年およそ3万8,000人
が死亡しているそうですよ。

C型肝炎と分かったときには、適切に治療するのが
一番重要のようです。

この病気はウイルスの遺伝子の配列によって、
グループ I と II に分けられるそうで、、それぞれの
病態に即した治療法を使い分ける必要があるようです。

適切な治療を受けるには、肝炎の専門医を受診
する必要があるようです。

治療法はアルファとベータのいずれかのインターフェロンと、
リバビリンの併用療法があるようです。

グループ I の場合は通常、インターフェロンとリバビリン
が併用されますが、お年寄りや高血圧、糖尿病を
合併している人では、脳出血を起こす危険性があり
その意味でも、専門医による治療を受ける必要が
あるそうです。

スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : C型肝炎 C型肝炎ウイルス 肝がん

10:04  |  医師  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

若い女性の7、8人に1人が、クラミジア感染症

2010.08.23 (Mon)

感染症の中で最も多い「クラミジア感染症」ですが、
特に若い女性に多そうです。

問題は、気付かないでいるとほかの病気を併発したり、
不妊の原因になったりしかねないようです。

まず病態をきっちり理解することが、予防・治療両面で
欠かせないそうです。

クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチスという
病原体への感染によって起こります。

10歳代後半から20歳代前半の女性では、7、8人に
1人の割合で感染しているそうです。

若い女性に多い理由について、男性は尿道に感染
するので、排尿時に洗い流されるケースがあり、また、
発病しても排尿痛や、白や黄色の分泌物といった
症状が見られるため気付きやすいのですが、これに対し、
女性は膣に感染し、おりものが多くなり、軽い下腹部痛、
を伴うこともありますが、7、8割は無症状なので、気付
きにくいそうです。

気付かないまま放置していると、子宮頚管炎、子宮内
膜炎、卵管炎、病原体が骨盤腔に及んで肝周囲炎
などを起こす場合もあるようです。

さらには卵管の狭窄によって子宮外妊娠を起こしたり、
卵管が閉塞して不妊症になったりする危険性もあり、
実際、子宮外妊娠の約54%にクラミジア感染が見ら
れたという報告もあるようです。

予防するには、最初からコンドームを使用するのが
原則で、これはエイズや淋菌感染症などへの感染予防
にもつながります。

感染した場合は、早期発見による早期治療が大切で、
自覚症状がある人はもちろん、症状がなくとも思い当た
る節のある場合は、念のため最寄りの産婦人科で感染
の有無を調べてもらった方がいいようです。

診断は、子宮頚管の分泌物の検査で、感染が分かれば、
ピンポン感染”を防ぐために、相手の治療も必要になる
そうです。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 性感染症 性器クラミジア感染症 子宮頚管炎

16:51  |  医師  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

更年期と肥満について

2010.03.20 (Sat)

更年期の女性は、食べ過ぎに気を付けているつもりでも、
太りやすいようです。
最近太ってきたと感じる人は、ちょっと生活を見直して
みましょう。

そこで今日は、更年期肥満についてのお話です。

50歳代の女性では、適正体重よりも重い過体重者が
増え続けているようですが、この年代はちょうど更年期
当たります。
更年期とは、閉経を境にした前後5年間で45歳から
55歳くらいの期間のことを言います。

更年期に体重が増加しやすいのは、
加齢に伴う体の変化によるエネルギー消費量の減少
日常生活での活動量低下そして、食事の取り方
などの影響だと考えられています。

肥満は、糖尿病や高血圧などの生活習慣病や、
骨粗しょう症、ひざ関節の変形などにもつながるので、
注意が必要なようですよ。

太り過ぎを防ぐには、簡単にできそうなことから始める
といいようですよ。
この年代の女性は、甘いお菓子を好み、遅い時間に
夕食を取る人が多いことが分かりました。

甘いものを毎日口にし、帰りの遅い夫や子供に合わせて
夕食を取っている人は、カロリーの高い間食を控え夕食は
早めにするようにしましょう。

2つ目は、運動です。早歩きや犬の散歩、サイクリング、
水中歩行、エアロビクスなど、興味の持てる運動から
始めましょう。
運動で大事なのは、ダンベル体操などの筋肉を使う
運動も取り入れることで、これによって、たとえ体重が
減らなくても、体脂肪が減り、筋肉のたんぱく質が
増えます。
このように運動をすると、肩凝りや冷え、うつ症状などの
更年期障害が軽くなることが分かっているそうです。

更年期の人は、これから老年期に向かってどんな
生活を送るかを考え、夫や子供たちに合わせた
生活から、自分のための生活に変える機会で、
何よりも気持ちを切り替えることが大切なようです。

更年期の肥満を防ぐには-。

体重を週1回測定して記録しましょう。
増減が1カ月5%以上は要注意で、適正体重を知り
ましょう。目標体重は、22掛ける身長(メートル)の2乗
体重1キロ減は7,000キロカロリー減に相当することを
りかいしましょう。

例えば、1カ月に1キロ減少するには、
毎日約200キロカロリー減らす(チョコレートケーキ半個、
エアロビクス約1時間に相当)ことが必要のようですよ。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 更年期 肥満 エネルギー消費量

09:38  |  医師  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

セカンドオピニオンを受ける為の心得

2009.10.07 (Wed)

一人の医師が説明する病状や治療法に納得し、
同意できるだでしょうか?

そこで今日もセカンドオピニオンについてお話します。

不安なとき、別の医師からも意見を聞き、自分が
納得した治療を選択する方法がセカンドオピニオン
という考え方です。
きぜんとした態度でセカンドオピニオンの意思を伝え
ることが大切なようです。

例えば、乳がんの場合、病院や医師によって、
手術で乳房を残すか切除するか、リンパ節を取るか
取らないか、治療方針に大きな違いがあります。
また、説明が不十分だったりすることもあるようです。

このため、主治医から切除を勧められた人が、
なぜ切除する必要があるのか、乳房を残す治療法は
考えられないのか、セカンドオピニオンを訪ねることが
多いそうですよ。

セカンドオピニオンを求めようとする際、主治医には言い
出しにくいでしょう。
しかし、きぜんとした態度で伝えることが大切なようです。

さらに、

1、主治医に紹介状を書いてもらう
2、主治医に資料の提供を求める
3、患者の会などに相談する
4、主治医と違う治療方針の病院を探す
5、主治医と同じ治療方針を示されたときは主治医の
 治療を受けるようにする
提供された資料はセカンドオピニオン先から返却してもらう
ようにしましょう。

日本でもセカンドオピニオンは定着し始め、特に、大都市
およびその近辺では主治医の了解を得た上で、紹介状を
携えて受診するようになってきたようです。

ただ、地方では依然として、主治医に隠れて受診する
例が少なくないといわれ、そんなときは、検査のやり直しに
なることもあるが、セカンドオピニオン先の医師が主治医に
連絡すると、大抵は、検査に関する資料などを送ってくれ
そうですよ。

主治医には、セカンドオピニオンを求めることを正直に伝え
それで怒りだしたり、応じてくれない医師は信頼できない
そうです。
自信のある医師ならば、すべての情報を公開してくれる
ようです。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : セカンドオピニオン 治療を選択 主治医

10:58  |  医師  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

セカンドオピニオンについて

2009.10.06 (Tue)

セカンドオピニオンについてお話しましょう。

病気の治療について、主治医以外の意見を
求めるのをセカンドオピニオンといいます。

セカンドオピニオンとは、第2の意見を聞くという意味です。
診断や治療法について、別の医師の意見を聞きたいと
きは、セカンドオピニオン外来を受診します。

患者さん自身が病気と正面から向き合う姿勢が必要の
ようで、最初の病院での判断に対して、包み隠さず意見を
述べてもらいます
そんなことは聞きたくないというように、自分に都合の良い
結果しか求めない人には、向いていないようですよ。

受診の際は、最初に受診した医療機関のレントゲンフィルム
や検査結果、患者自身の病状のメモなどを持参するとよい
ようです。
セカンドオピニオンと1時間話すと、主治医に自分の考えを
正直に伝えて、お互いの意見の疎通を図ってみる』ことに
落ち着く人が多いようですよ。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : セカンドオピニオン 主治医 検査結果

12:12  |  医師  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。