07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ストレスと吹き出物について

2017.03.06 (Mon)

残念ながらストレスをなくすことはできませんし、
生きている限りストレスは続きます。

といいますのは、ストレスとは、本来、生物が外的あるいは内的な
刺激に適応していく過程そのものを概念化したものだからです。
つまり、気候が変わればそれに適応し、飲み水が変わればそれに適応し、
心理的なショックを受ければそれに適応していく、そうした環境に
適応していく時の反応とプロセスのことをストレスというのです。

ストレスの種類について

①物理的・・・・……・・・・・化学的ストレス・・・騒音、温度、湿度、けが、有害物質、
                薬物、大気汚染

②生理的ストレス・・・・・・・過労、睡眠不足、栄養不足、ウイルス、
                細菌感染など。

③心理的・社会的ストレス・・・人間関係の葛藤、欲求不満、不安、
                   心配、、緊張、怒り、失望など。

現在、私たちが社会生活の中で抱えるストレスはとても
大きいものでしょう。
ストレスを抱え込むことでホルモンバランスは大きく乱れてしまいます。
ストレスを溜めない事がお肌に一番良いですが、簡単にストレスを
減少させる事は容易ではありません。

だからこそ、時間をかけてでも自分にあったストレス解消法を
見つける事が大切です。
毎日、無理のないゆとりを持った生活を送れるように計画を立てて
みる事もお肌にも吹き出物にも効果的でしょう。

食事は油ものが多くなると出やすくなります。
生活のリズムが崩れると、ホルモンのバランスも崩れる
傾向があるため、自覚していなくても体にはストレスとなっ
ていると思われます。

日々の生活でストレスを溜めていると、自律神経や副交感神経の
バランスも崩れることになります。

リラックスするための時間が必要になるでしょう。
排泄は体に老廃物をため込まないように、便秘にならないように
適度な運動をして腸を活性化させたり、食物繊維の多いものを
食べるなどの工夫してみましょう。

ストレスがたまると自律神経が乱れます。

自律神経の乱れると腸の働きが抑制され、胃炎や便秘になり
有害物質が腸に溜まります。
腸に溜まった有害物質が吸収されるとお肌にも影響を及ぼし、
吹き出物が出来やすくなるのです。


ストレスに強くなる栄養素

ストレスを完全に避けることは不可能です、
そこで大切な事が上手なストレス解消とストレスに負けない
体づくりなのです。
ストレスはホルモンのバランスを崩す原因となりますが、
体内のホルモンバランスを正常にもどし、かつストレスに強い体を
つくってくれるのが栄養で、ビタミンやミネラルは特に神経や
ストレス、免疫力に関する栄養素です。

そのメカニズムはまだ究明されていませんが、
さまざまな実験や調査により、ストレスが免疫力を低下させることが
わかってきています。

阪神大震災後の生活でストレスを受けていると答えた人は、
ストレスを感じないと答えた人よりも10~25%も免疫力が低下していた、
という大阪大学医学部の調査結果などがその例です。

反対に、シルバーコーラス部の女性のNK細胞(免疫細胞のひとつ)の
活性度を調べたところ、平均値よりも20~30%高く、さらにコーラスの
練習後の値はもっと高くなっていたとの調査結果にもみられるように、
精神が高揚したり開放的になることで免疫力は増すと言われています。

「笑う」「前向きに考える」「ストレスを上手に発散させる」などの工夫を
してみることも大切でしょう。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

12:56  |  肌荒れ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アートメーク(入れ墨)は消すのが・・

2010.12.15 (Wed)

アートメークと称して中高年の女性がまゆやアイラインに、
若い世代では腕や脚などに入れ墨をする人が増えてい
ようです。
いずれ消えると言われ、軽い気持ちで入れる人もいるが、
薄くなっても自然に消えることはなく、悩む人が絶えない
そうです。

アートメークというとファッションのようにとらえてしまい、
入れ墨と思っていない人が多いようですが、これは
従来からある古典的な入れ墨と同じだそうです。

皮膚は表皮と真皮から成っているが、入れ墨は針で
表皮を通して真皮に色素を入れます。
このため、時間がたっても消えません。

加齢とともに変化したり、流行が変わったりして、
消したいと思うようですが、入れ墨はしないに越した
ことはありませんし、入れ墨の針を使い回すなどして
いると、エイズや肝炎のウイルスに感染する危険性が
あるそうです。
また、消去するには時間と経費がかかり、負担が
大きいようです。

入れ墨を消す方法は進歩し、現在はレーザー治療
一般化しているが、それでも難しいケースもあるそうです。

レーザー治療はまず、エルビュームレーザーで表皮を削り、
次いで、色反応型レーザーで沈着した色素だけを壊す
のが基本で、これらを組み合わせて総合的に行いますが、
黄色のように皮膚に近い色では消えにくいようです。

通常、レーザー治療は皮膚を守りながら、1、2カ月に
1回の割合で行われます。
小さな入れ墨では、1回に5-10分のレーザー照射で
済むが、背中一面にあるようなケースでは、1回に
4、5時間もかかり、加えて、健康保険が適用されない
ので、費用も掛かかります。

小さくて、色が黒や茶などの単色の場合は、3、4回の
レーザー治療で改善されますが、それでも1回3-5万円
が必要だそうです。
背中一面にあるような場合は、数百万円にもかかります。
流行や甘い言葉に誘われて、安易に入れ墨はしない方が
よいようです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : アートメーク 入れ墨 レーザー治療

19:04  |  肌荒れ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

癜風(でんぷう)の季節

2010.07.10 (Sat)

例年、汗をかく時期になると、「癜風(でんぷう)」が増える
そうです。
痛みもかゆみもない皮膚疾患だが、放置していると病変が
広がる一方なので、早期治療が大切だそうです。

癜風の原因である癜風菌の特徴について
癜風菌は、誰の皮膚にも見られるカビの一種の常在菌ですが、
高温多湿になるほど活動しやすいそうで、加えて、汗をかき
やすくなると分泌される免疫グロブリンの量が、汗で薄められ
るといったことから、初夏から夏にかけて発症しやすいと考え
られているそうです。

発症すると、胸や背中を中心に茶色っぽい斑点、あるいは
白っぽい斑点ができますが、痛みもかゆみもありませんが、
一度発症すると、病変は広がる一方で適切に治療しない
限り治らないそうです。

早期発見・早期治療が欠かせないが、セロテープによる
自己診断が可能だそうですよ。

斑点の表面が、細かなふけのようにカサカサしているので、
その部分にセロテープを張ってはがすと、粉が付いたように
取れるようで、こうした症状に気付いたときは、最寄りの
皮膚科を受診すべきだそうです。

抗真菌剤の外用薬によって、症状は通常2、3週間で
改善されるが、この病気は再発しやすいのが特徴です。

汗をかいたときには、小まめにシャワーを浴びるなどして、
下着を替える抗真菌作用のある硝酸ミコナゾールの
入っているシャンプーで体を洗うといった点に留意する
といいようです。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 癜風 皮膚疾患 癜風菌

12:29  |  肌荒れ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

洗いすぎ注意!摩擦黒皮症

2010.07.09 (Fri)

以前ナイロンタオルを使うことで皮膚が変色すると
話題になったことがありました。
摩擦黒皮症といって、皮膚がまるで入れ墨のような
色になるもので、ここ数年またそんな人が増えてきて
いるそうです。

黒皮症とは、皮膚に黒褐色の色素沈着が起きる
病気で、色素沈着には女性ホルモンの影響が強い
ため、しみと同じく、摩擦黒皮症も女性、特に30歳
代に多いそうですが、黒皮症はしみよりはるかに厄介
だそうですよ。

皮膚は、あかなどになって絶えず生まれ変わる表皮と、
その内側の強い結合組織である真皮の2層でできて
います。
しみはメラニン色素が表皮の一部に過剰にたまった
状態ですが、黒皮症はメラニン色素が真皮まで入り
込んでしまうそうです。

表皮と真皮の境にある表皮基底層に炎症が起きて
細胞が変性すると、メラニン色素が真皮に入りますが、、
これを苔癬(たいせん)型組織反応と言うそうです。

過去にはアレルギーでしか起きないと考えられてい
ましたが、強い摩擦を繰り返すとこの反応が起きる
のが摩擦黒皮症です。

摩擦黒皮症の原因は、ナイロンタオルにだけある
わけではありません。

(1)ナイロンタオルやボディーブラシ
(2)せっけんやボディーシャンプー
(3)強くこする洗い方-の3つの要素が重なって
起こるそうです。

摩擦を受けた皮膚は、皮膚の表面にある角層
はぎ取られ、せっけんの作用によって、皮膚に膜を
作って保護する皮脂が抜け出て老化した皮膚と
同じ状態になってしまうようです。

摩擦黒皮症になるのは、強い力がかかりやすい
鎖骨や肩甲骨の上が多いそうで、本人には見えにくく、
痛みもかゆみもないので、長い間気付かない人もいる
ようです。

治療は、まず強くあらうのをやめるようにしましょう。
たとえナイロンタオルをスポンジに変えても同じように
強く洗うと治らないそうです。

入浴方法も見直し、いきなり湯船に入らず体に
お湯を掛けてから、手にせっけんを付けて軽く洗い、
それから湯船に入るようにする。
こうすると、皮膚が柔らかくなって、新しい皮脂
出てきて皮膚を守ってくれるそうです。

真皮は表皮と違って、生まれ変わったりはしないので、
メラニン色素が分解され、排せつされるまで黒褐色の
色は消えません。
色は1年ほどで薄くなるが、完全に治るまでには3年
はかかるようですよ。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 摩擦黒皮症 角層 皮脂

17:29  |  肌荒れ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

化粧品かぶれについて

2010.03.09 (Tue)

化粧品による皮膚のかぶれは、よく起こりますが
特に春から秋口にかけて増えるようです。

そこで、今日は化粧品かぶれについてのお話です。

どの化粧品でも起こる危険性はあろそうですよ。

化粧品かぶれというと、とかく女性の皮膚病と思い
がちですが、広い意味では、整髪料、染毛剤、
またこれからの季節は光吸収剤が含まれている
日焼け止めなどでも起こるようです。

病型は大きく分けて、
(1)化粧品の成分が直接いたずらする刺激性皮膚炎
(2)成分に対するアレルギー反応によるアレルギー性
  接触皮膚炎
(3)成分が紫外線に反応して起こる光接触皮膚炎

の三つだそうです。

急性では皮膚がむくみ、赤くなる症状が強く出て、
かゆみを伴いますし、慢性では皮膚が硬くなって
かゆみを伴うのが特徴だそうです。

アレルギー性接触皮膚炎や光接触皮膚炎は、
急性のケースが多いようですが、いずれにせよ症状に
気付いたときは、最寄りの皮膚科を受診したほうが
いいようですよ。

化粧品かぶれそのものの診断は、問診と皮膚症状
から推測できるそうです。

治療には、かゆみ止めの抗ヒスタミン剤や、炎症を
抑えるステロイド外用薬が用いられるが、炎症が
ひどい場合は、さらにステロイドの内服剤が使われる
こともあるようです。

症状は1、2週間で改善されますが、治療期間中は、
原因として疑われる化粧品を使わないようにしましょう。

治療改めて、その化粧品を用いて皮膚反応を見る
パッチテストを行い、原因を確かめましょう。

原因を確認しないまま化粧品かぶれを繰り返していると、
色素沈着が強くなったりするので、治療後は疑われる
化粧品を持参して、パッチテストを受けることが大切な
ようですよ。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 化粧品 かぶれ 皮膚症状

10:09  |  肌荒れ  |  Trackback(0)  |  Comment(1)
 | HOME |  NEXT