07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

閃輝性暗点と脳循環障害

2010.11.01 (Mon)

目の前に、きらきらとした稲妻のような光が
見える閃輝性暗点は、片頭痛の前兆として
知られていますが、脳循環障害が原因で
起こる場合があるそうです。

閃輝性暗点は、目の前に稲妻のような光が
見え、引き続いて物がゆがんで見えたり目の
前が真っ暗になったりします。
大抵は両目同時に起こり、20分ほど続き、
片頭痛では、閃輝性暗点の症状が治まった後、
引き続いて頭の片側にずきずきした痛みがおき
ます。

これは、物を見る中枢(視中枢)がある後頭葉
に血液を送っている血管が、けいれんを起こし、
血流が減少するために起こり、けいれんが治まって
血管が開くと、血液が大量に流れ込み頭痛が
起きるようです。

片頭痛は、10代から30代の若い年齢層に多く、
1週間に1回とか数カ月に1回とか、定期的に
起こる場合が多いそうです。

片頭痛は、本人はつらいが、生命に危険を
及ぼすような病気ではなのですが、中高年で、
閃輝性暗点だけあって、その後に頭痛を伴わ
ないような場合は、要注意のようです。

血栓による一過性の脳循環障害が原因で
ある可能性があるからだそうです。

動脈硬化、高血圧、糖尿病、高脂血症、
不整脈など、血栓を起こす危険因子がない
かどうか、全身の検査を受けるほうが良いようです。

また、まれに年齢とは関係なく脳動静脈奇形
や脳腫瘍などで起こることもあるそうなので、
コンピューター断層撮影法や核磁気共鳴映像法
(MRI)による精密検査を受ける必要もあるようです。

閃輝性暗点が起こったら、眼科と内科あるいは
神経内科のある総合病院で受診するといい
そうです。

スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 閃輝性暗点 脳循環障害 精密検査

17:33  |  頭痛  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

頭痛と閃輝暗点

2010.10.27 (Wed)

頭痛が起こると市販薬に頼る人が多いそうですが、
気を付けたいのが閃輝暗点のケースだそうです。

閃輝暗点は、日本人の約4%に見られるという報告
もあるほどで、一般的な病気のようです。

この病気は片頭痛の一種で、頭痛が起こる前兆
として表れるようです。

典型例では、視野の一部にキラキラと閃光が生じ、
次第に大きくなるとともに、吐き気を催したりします。
それが20-30分続いた後に、片頭痛が起きて
数時間は悩まされるようです。

原因は分かっていませんが、脳の視覚野につながる
血管が収縮し、その後、拡張するときにズキンズキン
とした拍動性の頭痛を起こすと考えられているようです。

この病気は、負けず嫌いできちょうめんな努力家タイプ
の若い女性に多く、片頭痛ぐらいといって市販薬に
頼るのは禁物だそうです。

市販薬では治らず、つい薬の量を増やしてしまったり
する危険性があり、網膜剥離でも光がチカチカする
ので、症状を自覚したときには、まず最寄りの眼科を
受診した方がいいようです。

根本的な治療法はないようですが、血管拡張剤が
有効だそうで、通常は加齢とともに改善されるので、
必要以上に神経質にならないようにしましょう。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 頭痛 閃輝暗点 片頭痛

15:46  |  頭痛  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

頭が締め付けられるように痛む!

2009.08.24 (Mon)

私たちを悩ませる頭痛ですが、頭痛にもいろいろ
あるようです。
中でも多いのが緊張型頭痛だそうです。

そこで今日は、緊張型頭痛についてのお話です。

緊張型頭痛は、頭が締め付けられるように痛むもので、
読書などでのうつむき姿勢と精神的な疲労とが絡み
合って起きるようです。

緊張型頭痛の人は、高過ぎるまくらや、低過ぎる机など、
日常の道具にも注意する必要があるそうです。

慢性、反復性頭痛には、頭の片側がズキンズキンと痛む
片頭痛や、数は少ないが、痛みが数カ月から数年おきに
表れる群発頭痛、それに緊張型頭痛があるが、中でも
多いのが緊張型頭痛だそうです。

緊張型頭痛は、10歳代から高齢者まで幅広い年齢層で
見られるが、中年の女性に最も多いようです。
後頭部や頭全体がギューッと強く締め付けられるように
痛むのが特徴で、肩凝りや目まいを伴うこともあるそうです。

原因としては、首の後ろ側の筋肉の収縮や、脳の中で
痛みを調節する部分の障害、社会的・精神的ストレス
などが考えられているが、まだはっきり分かっていないようで、
読書や台所仕事、裁縫などの際のうつむき姿勢が原因に
なることも多いようです。

頭痛に悩んでいる人は、まず受診すること。頭痛から脳腫瘍
(しゅよう)や脳梗塞(こうそく)、脳出血が見つかる場合もあるし、
目や鼻の病気が分かる場合もあるそうです。

慢性の頭痛がある人は、とかく鎮痛薬に頼りがちですが、薬の
乱用は逆に頭痛を招くことがあるので、こうした悪循環を断つ
ためにも、適切な診断が必要だそうですよ。


テーマ : セラピー&ヒーリング - ジャンル : 心と身体

タグ : 頭痛 緊張型頭痛 精神的ストレス

12:02  |  頭痛  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

片頭痛で悩んでいませんか?

2009.07.08 (Wed)

日本では、片頭痛に悩む人は約800万人と
いわれているそうです。

そんな片頭痛についてのお話をしましょう。

最近までは、ただただ我慢をするしかなかった片頭痛ですが、
現在は、大変有効な治療薬が開発されているそうです。

それには、まず適切な治療を受けることが大切なようです。
専門医に診てもらって的確な診断を受けるようにしましょう。

片頭痛は病名通り、片側に起こりやすいが、両側に起こる
こともあるそうですが、症状について、次のような特徴があるようです。

(1)脈打つようにずきんずきんと痛む
(2)吐き気や嘔吐(おうと)を伴うことが多い
(3)光や音に過敏になる?体を動かすと頭痛が悪化する
(4)発症1時間ぐらい前に閃輝(せんき)暗点と言って、目の前が
ちかちかしたり、ぎらぎらしたりする前兆が出るケースもあるようです。

症状は短くて2、3時間、長い場合は3日ほど続くため、日常生活に
支障を来す場合が多いようですよ。

最近は病態の解明が進み、脳を包んでいる硬膜に分布している
血管が炎症を起こして痛みを発することが分かっているそうです。

この炎症を抑えるのに、セロトニンという神経伝達物質の働きを
助けるトリプタン系の薬が有効なのだそうです。

日本でトリプタン系薬剤が用いられ始めたのは6年前だそうで、
それまでは激しい痛みを我慢して安静を保ち、発作が治まるのを
待つのが普通だったようです。

トリプタンは片頭痛の画期的な治療薬ですが、服用するタイミングが
重要なようですよ。

例えば、前兆がある場合、どうしても早めに服用しがちですが、
この薬は痛みが生じてから飲まないと効果はないそうです。

逆に痛みが出て様子を見ているうちに服用が遅れて効かない
ケースもあるようで、適切な治療を受けるには、神経内科の専門医に
診てもらうのが一番いいようですよ。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 片頭痛 セロトニン トリプタン系薬剤

11:49  |  頭痛  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

頭痛をバカにしてはいけない!

2009.02.10 (Tue)

頭痛で悩まされている方はいがいと多いものです。
今日は、そんな頭痛についてお話しましょう。

頭痛はまず、「機能性偏頭痛」「症候性頭痛」の2つに大きく分けられます。
「機能性頭痛」とは、頭痛を起こすような病気やケガがないのに、周期的に
繰り返す頭痛で、慢性頭痛とも呼ばれ、主なものは「片頭痛」「緊張型頭痛」
「群発頭痛」の3つです。

「機能性頭痛」の場合、命に関わることはありませんが、日常生活に支障を
きたす可能性があります。

「症候性頭痛」は、何らかの病気が原因で起こる頭痛です。
くも膜下出血などの脳の病気が隠れている場合があります。
今までに経験のない強い頭痛や長く続く頭痛が現れたときは、医師の診察を
受けるようにしましょう。

頭痛がどうしても辛いようなら薬を使うのもひとつの方法です。
症状にあわせて適切な薬を選ぶようにしましょう。

緊張型頭痛の場合、市販の鎮痛剤は症状を抑えるのに有効なので、
ある程度辛くなったら服用するとよいでしょう。

肩凝りや首筋の凝りを併発しているなら、ビタミンB1、B6、B12剤や
ビタミンE剤が血行促進に効果的です。

偏頭痛の場合、症状が軽いようであれば市販約の効果が期待できます。
その場合、発作が強くなってからでは効果が出にくいので、痛み出したら
遅くとも30分以内には服用するようにしましょう。

市販の鎮痛剤は症状を和らげる作用がありますが、頭痛そのものの原因を
解消してくれるわけではありません。

ストレスなど、日常生活の中に存在する頭痛の原因をできる限りなくしていき、
ホームケアと併せて頭痛を解消していくようにしましょう。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 頭痛 偏頭痛 症候性頭痛

13:21  |  頭痛  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT