09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

金属アレルギーの予防と対策

2016.12.27 (Tue)

金属アレルギーにならないためには、汗をかいた場所
から金属を外す、金属をつける場所を清潔に保つ、歯
みがきをきちんとする、傷がある場所は金属と触れな
いようにするなどのケアが大切です。

汗をかきやすい季節や、かゆみがある場所などに無理
してアクセサリーをつけるのはタブーです。悪化する
とかゆみだけでなく、しもやけのように皮膚が炎症を
起こして硬くなり、割けて血がにじむ時もあることか
ら、軽くみてはいけません。

すでに金属アレルギーになっている人は、かぶれたモ
ノを繰り返し使うことをせず、原因となる金属に触ら
ないことが非常に大事です。かぶれなどの症状をださ
ないようなケアを続けていくと、活性化していた白血
球が落ち着いてくるため、金属に触れても平気になる
ことがあります。

原因となる金属を避けて生活することは、根本的な治
療にもつながるのです。また、原因が特定できないと
きは皮膚科で「パッチテスト」を受ければ、どの金属
が原因なのか、特定することができます。

また、アレルギーを起こしにくい金属を選ぶことも重
要になってきます。アレルギーが起こりやすいのは合
金(合成の金属)です。主にニッケルや亜鉛、コバル
ト、クロム、銅など様々な種類があります。とくに安
いアクセサリーはほとんど合金でできているので注意
しましょう。金属アレルギーでも結婚指輪をつけたい
人のために推奨されているのは「サージカルステンレ
ス」や「チタン」です。

サージカルステンレスとは元々手術の際に使う器具用
のステンレスで、ニッケルを極力抑えてあります。チ
タンは金属ではないのでアレルギーは少ないと言われ
ていますが、どちらも価格の安いものは合金が混ざっ
ている可能性が大きいので、購入の際にはよく確かめ
てください。

また、ピアスは皮膚に穴を開けて直接金属を差し込む
のでアレルギーが起こる確率がとても高いといわれて
います。体が過敏になるとチタンポストのピアスでも
かぶれることがあるので、どうしてもつけたい場合は
プラスティック樹脂ポストのものを選ぶのがオススメ
です。

平気だった頃は何の症状もなくても、一度発症すると
完治することはほとんどないのが金属アレルギーだと
いわれています。そうなる前に、日頃から対策をとっ
て金属との上手な付き合い方を心がけましょう。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

14:24  |  アレルギー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ピアスの穴あけは?

2010.11.04 (Thu)

若い人に人気のピアスだが、耳たぶなどに
開けた穴から、細菌感染アレルギー
起こすトラブルが増えているようです。

ピアスによる健康障害には次のようなものが
あるそうです。

細菌感染
穴を開けた部分が皮膚の常在菌などに
感染し、じくじくしてうみが止まらない

金属アレルギー
穴を開けた部分がアレルギー反応でかぶれる

粉瘤
傷によって表皮がめくれ込んで袋ができ、
そこに分泌物がたまり、しこりができて、それが
化膿することもある

肥厚性瘢痕
傷ついた所が元に戻る際、線維組織が
過剰に増え、固まって盛り上がってくる

ケロイド遺伝的素因によって瘢痕が正常な
皮膚にまで広がる

裂傷
穴に無理にピアスを入れることなどが原因で、
耳たぶまで裂ける
などのようです。

こうした障害の背景には、ピアスを付けることを
安易に考えているという問題があるようです。

ピアスを付けるキットが販売されているので、
自分で開ける人が多いのですが、穴を開ける
のは医療行為で、後悔する結果を招かない
ためにも、穴を開けるときは、形成外科か
美容外科を受診したほうが良いようです。

通常、開けた穴がきちんと形成されるまで
1カ月ほどかかり、その間、開けた個所は
清潔に保つことが大切のようです。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : ピアス 細菌感染 アレルギー

16:19  |  アレルギー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

化学物質過敏症に気をつけよう

2010.11.02 (Tue)

住環境の変化を背景に化学物質過敏症
増えているそうです。
過度に神経質になる必要はありませんが、
日常のケアを心掛けたほうが良いようです。

化学物質過敏症は、室内に存在するホルム
アルデヒドやトルエンなどの揮発性有機化学
物質に、人体がさらされて過敏に反応し、
多様な不快症状を伴う病気だそうです。

多くの臓器に症状が表れるのが特徴ですが、
主として、頭痛、筋肉や関節の痛みをはじめ、
全身倦怠感、粘膜刺激症状、どうき、息切れ、
手足のしびれ、目まいなどが挙げられるそうです。

この病気は、中高年の女性に多く、一度に
大量の化学物質にさらされた後や、長期間
さらされ続けて、こうした症状に悩まされている
人は内科を受診した方がいいそうです。

まず、ほかの病気がないかどうかを調べ、他に
病気がなく、
(1)化学物質にさらされた経験がある
(2)症状が多臓器に及んでいる
(3)症状が慢性的である
などの条件を満たす場合は、化学物質過敏症
の可能性が高いようです。

治療は、まず、住環境を整備することが大事
だそうです。
具体的には、室内の換気が大切で、通常は、
風の通り道をつくり、小まめに換気するだけでも、
化学物質は減少するそうです。

それと同時に、化学物質の発生源になる合板
の家具、消臭剤や芳香剤、石油ストーブ、塗料、
接着剤、香水、化粧品などは、室内に持ち込
まないことも大切なようです。
 
特に、石油ストーブやファンヒーターの場合は、
室内に排気するタイプは用いないことで、他に
規則正しい生活とバランスの取れた食事を心掛
けることだそうです。

ビタミンB、C、Eを積極的に取り、週に1、2回は
汗をかく程度の運動を定期的に行うといいようです。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 化学物質過敏症 住環境 室内排気

17:21  |  アレルギー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

女性の乳房のしこり

2010.03.25 (Thu)

食生活やライフスタイルの欧米化にともない、
線維腺腫の人が多くなっているそうです。

そこで、今日は線維腺腫についてのお話です。

若い女性乳房にできるしこりだが、乳がんに
似ているため、がんかどうか鑑別診断することが
大切なようですよ。

乳房しこりを訴えている若い女性の8割以上が
線維腺腫だそうです。

これは腫瘍ではなく、炎症に近い病気だそうで、
原因は分かっていませんが、思春期に乳腺の
組織である線維組織や腺管が増え過ぎて、
しこりができると考えられているようです。

病状の進行は個人差が大きく、一生小さな
しこりのままの人もいれば、しこりが20歳前後で
3-5センチの大きさになる人もいるようです。

しこりの硬さはテニスの硬球程度で、乳がんよりも
柔らかく弾力性があるそうですが、乳房のしこりに
気付いたときは、乳腺外科など乳腺の専門医の
診察を受けたほうがいいようです。

診断は、針で組織を少し採って調べる針生検で、
線維腺腫が小さい場合は経過を見るだけでいい
のですが、中には、経過観察中に消失するケース
もあり、乳房が変形するほど大きい場合はしこりを
取り除く手術が必要になるそうです。

手術は日帰りででき、医師とよく相談して手術跡
が目立たないような方法を選択してもらうといい
ようです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 女性 乳房 しこり 線維腺腫

13:53  |  アレルギー  |  Trackback(1)  |  Comment(0)

鼻づまりについて

2009.03.31 (Tue)

鼻がつまることはありませんか?
今日は鼻づまりについてお話しましょう。
かぜやアレルギー性鼻炎でなくとも鼻づまりはおきるようですよ。

かぜをこじらせて鼻づまりが強くなると、口をあけてしか息ができなくなり
大変に苦しいものです。
花粉症のシーズンともなるとくしゃみや鼻水とともに鼻づまりは頭痛のたねです。
鼻づまりは誰でも日常よく起こる症状の一つたそうです。

鼻の中の空間を鼻腔といいますが、鼻腔の通気性が低下して鼻呼吸が
十分に行えなくなると鼻づまりのようです。
鼻から吸い込まれた空気は、鼻腔では上方に円を描くように流れて後方に
向かい、息を吐く時には逆の流れが起こります。

鼻腔は表面積を大きくするために、上・中・下鼻甲介という突起物が出ていますが、
このために鼻腔の断面積は小さくなっているそうで、鼻粘膜のわずかなはれや少量の
鼻水でも、鼻呼吸の気流は妨げられ、鼻づまりを起こすことになります。

鼻づまりを起こす原因として、
①鼻粘膜の腫脹と②鼻腔内の形の異常がおもなものです。

鼻粘膜の腫脹は、かぜやアレルギー性鼻炎(花粉症も含まれます)の際に
起こるもので、細い血管の拡張や血管透過性亢進(この結果、血液の水成分が
血管外に漏れ出てきます)によって生じる浮腫により起こるようです。
鼻腔には鼻甲介と呼ばれる突起物があるため表面積は大きいものの断面積は
小さくなっており、このため浮腫があると容易に鼻づまりを起こすようです。

これに対して鼻腔内の形の異常は、鼻の構造的な問題で起こる鼻づまり
だそうです。
鼻腔は薄い軟骨と骨でできた鼻中隔で左右に分けられていますが、
この鼻中隔が変形して鼻づまりを起こしているのが鼻中隔わん曲症です。

鼻中隔わん曲症は以前に受けた外傷によることが多く、古いものであったり
子どものころであったりして、覚えていないことが多いようです。

中学生やそれ以上の年齢で、いつも片方の鼻だけがつまっているようなら
鼻中隔わん曲症が疑われ、日本人のほとんどは少し骨が曲がっていると
いわれていますが、アレルギー性鼻炎やその他の鼻疾患があると、
よけいに鼻づまりがひどくなりがちだそうです。

自分の鼻づまりの原因を知り、適切な対応が必要なようですよ。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 鼻づまり アレルギー性鼻炎 鼻粘膜

11:54  |  アレルギー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。