05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

チョコレートで虫歯予防

2010.10.05 (Tue)

チョコレートの主原料となるカカオ豆に、虫歯を
予防する成分が含まれているようだす。

チョコレートには歯の大敵というイメージがありますが、
チョコレートは、砂糖を大量に含むにもかかわらず、
虫歯を発生させる力は弱いと以前からいわれていた
ようです。

チョコレートについては、第2次世界大戦直後に、
スウェーデンで行われた実験で、間食にチョコレート
食べると虫歯が発生するが、トフィーやキャラメルほど
は虫歯が多くならないことが指摘されていたそうです。
こうしたことから、カカオ豆には、虫歯の原因菌である
ミュータンス連鎖球菌を抑制する物質が存在すると、
1部では考えられているそうです。

チョコレートは、カカオ豆をばいせんして殻などを取り
去った上で、カカオマスといわれる粉末にし、砂糖、
ミルク、香料などを加え、押し固めて作ります。

虫歯の菌を接種したラット90匹を6グループに分けて、
カカオマスとカカオハスクをそれぞれ異なった割合で
混ぜた飼料や飲料水を与え、虫歯の進行状態を
面積と深さで調べたら、その結果、カカオハスク入り
の飼料を与えられたグループのマウスは、カカオマス
入りや何も混ざっていない飼料だったグループよりも、
虫歯の進行が抑えられたそうです。

特に、カカオハスクを飲料水中に混ぜた場合、
100ミリリットル中0.2グラムの濃度のグループでは、
カカオハスクを混ぜないグループに比べ虫歯の進行
が約半分だったようです。

虫歯を抑える効果は、カカオマスにも見られましたが、
カカオハスクの方がはるかに強く認められ、カカオハスク
には、ポリフェノールと脂肪酸が含まれ、この両方が
虫歯を抑える働きをしていると考えられています。
このため、カカオハスクは、チョコレートの中に入れた
方がいいということだそうです。

カカオハスクを使ったうがいの実験でも、歯こうを
抑える効果が得られているので、口腔洗浄液や
歯磨きに混ぜれば効果が期待できるようです。

スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : チョコレート カカオ豆 虫歯予防

15:17  |  歯の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

歯磨きのポイントとは

2009.10.24 (Sat)

皆さんは「シッカリ歯磨きをしているのに虫歯になった」なんて
思ったことがありますか?
丁寧に磨いているつもりでも、汚れを落としきるのは難しいですよね。

そこで今日は、効率的な歯磨きのポイントについてご紹介したいと
思います。

まず大切なのはプラークのつきやすい場所を知ることです。
特に丁寧に磨くべきポイントを知っておくことで、歯磨きの仕方
がより効率的になります。

プラークの残りやすい場所は大きくわけて3つあります。

①歯と歯の間
②歯と歯肉の境目
③奥歯のミゾ

このように歯ブラシが届きにくい場所で、虫歯になりやすい
場所にこそプラークが残りやすいのを覚えておいてください。

次に大切なのが動かし方です。

①縦磨き
まずは歯と歯の間を磨きます。歯と歯の隙間に沿って縦に動かし
て、できるだけ毛先で汚れを取るようにします。
歯間ブラシを使うのもオススメです。

②横磨き
歯と歯肉の間の歯磨きをします。歯ブラシを横に当てて毛先を歯
と歯の間、歯と歯肉の間に差込み細かく動かします。

③水平磨き
奥歯のかみ合せ面のミゾは、なかなか歯ブラシが届きません。少
し小さいヘッドの歯ブラシで奥までシッカリ磨きましょう。適度
な圧力と細かいストロークで動かすことが大切です。

そして最後に、口をよくゆすぎます。歯磨きで浮かせた汚れを水
圧で押し出します。少なくとも4~6回はゆすぐ習慣をつけまし
ょう。

一見、これらのことは当たり前のようですが歯磨きのたびに心が
けるのは簡単ではありません。まずは鏡と向き合って、自分の歯
並びとハブラシの動きを確認することから始めてみましょう。

毎日の正しい歯ブラシ習慣で、いつまでも丈夫な歯を保ちたいも
のですね。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 歯磨き 歯ブラシ プラーク

10:25  |  歯の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

歯の形と本数について

2008.12.01 (Mon)

いや、いやついに本格的に、風邪をひいてしまったようです。
微熱の上に、鼻づまり、くしゃみ連発、そんな中でも、この
ブログを書いています

身体にいい話・・歯の形と本数についてお話します。

若いころは肉類が美味しく感じたけれど、近頃は野菜ばかりを好んで
食べるようになった。そんな経験をしたことが皆さんはありますか?

年齢とともに食の好みや量は変わっていきます。地域や国によっても
食べ物には大きな違いがあり、それによって発症しやすい病気も違って
くるといわれています。

それでは、人間が健康に生きていくうえで最も優秀な食事とは一体どんな
ものなのでしょうか。今回はそんな疑問について面白い考え方をご紹介
したいと思います(*´∀`)

皆さんは生き物の持つ「歯の形と本数」について考えたことがありますか?
例えば牛のような草食動物の歯は平べったく、草を食べるのに適しています。
逆にライオンのような肉食動物の歯は尖っていて肉を食いちぎるのに適しています。
つまり、その動物の歯の歯の形を見れば、その生き物にとってどんな食事がベスト
であるかが分かるのです。

人間の場合は32本の歯のうち20本は穀物を食べるための臼歯。8本は野菜や果物を
食べるための門歯。4本が肉や魚を食べるための犬歯となっています。

割合にして考えてみると
穀物=62.5%(32本中20本の臼歯)
野菜=25%(32本中8本の門歯)
肉類=12.5%(32本中4本の犬歯)
これが人間にとってベストな食事バランスだということが分かります。

肥満が多かったアメリカでは1975年に栄養問題特別委員会を設置し、全世界の
栄養状態と病気について調査が行われました。その調査報告書である「マクガバン
レポート」内でも、この食べ合わせが健康に良いということが実証されています。
またこのレポートによって「和食こそが世界一の健康食」であることが注目され、
アメリカでの和食ブームに拍車をかけたともいわれているのです。

歯の形や本数からベストな食事バランスを考える、というのはとても面白い発想
です。普段気にしたことのないような歯の役割を知ることも大切なんですね。
食の豊かさとともに洋食を好む傾向が強くなっている日本ですが改めて、和食に
隠された健康食のチカラに注目してみるのも良いのではないでしょうか(*´Д`)



テーマ : 美容と健康 - ジャンル : 心と身体

タグ : 本数 健康

18:31  |  歯の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

噛んで脳を若くしよう

2008.11.26 (Wed)

やはり、青空での一日の始まりは気持ちいいものです。
我が家の窓からは、今日も富士山が見えてました。

さて、脳をいつまでも若々しく、保ちたいものです。

現代人が失った食習慣のうちで、最も重大なものの1つが
「噛む=咀しゃく」といわれているのを皆さんはご存知でしょうか?

昔から食事のたびに「よく噛んで食べなさい」などと注意をされた
人も多いとは思いますが、それにはちゃんと理由があったのです。

今回はそんな「咀しゃく」に関する豆知識をご紹介したいと思います。

一般的に「ひと口30回は噛みましょう」といわれていますが、
食べ物をよく噛むことには、大きく分けて5つの健康効果があると
考えられています(・∀・*)

まず1つ目が「消化・吸収を促進する」効果です。
食べ物を消化してくれる唾液は、食べ物を噛めば噛むほど出てきます。
細菌の繁殖を抑える働きも強く、歯周病や虫歯の予防に効果があります。
また、噛む刺激が脳に伝わることで、唾液の分泌はさらに活発になり、
消化スピードが改善されるのです。

そして2つ目は「気分をやわらげストレスを解消する」効果です。
食べ物をしっかり噛むことで脳内の神経伝達物質であるセロトニンが
増加します。
そしてこのセロトニンは気持ちをリラックスさせ、ストレスを解消する働きを
もっています。
スポーツ選手がガムを噛みながら練習に励んだり、試合に臨んでいるのは
咀しゃくすることで集中力を高め、ストレスを緩和しようとしているからなのです。

そして3つ目は「肥満を予防する」効果です。
物をある程度食べると脳の満腹中枢が刺激され、人は満腹感を感じることが
できます。
この満腹感は食べ始めから20~30分くらい後に発生するといわれています。

つまりは、よく噛まずに短時間で食事をしてしまう人は、満腹感を感じる前に
食べ過ぎてしまい肥満への道を進みやすくなってしまうのです。

そして最後に「脳を活性化し、老化を防ぐ」効果です。
一般的に、咀しゃくする回数を増やすことで大脳が刺激されることは
有名ですが最近では認知症の予防にも効果があることがわかってきました。
食べ物を上手に噛むことができないお年寄りは脳の老化が早く、認知症に
かかる確率が高まるといわれているのです。

噛むことで脳への刺激が多くなり、結果的に脳のアンチエイジングとなって
いるようです。

自分の老後を想像するとき、多くの人が不安に思う1つの要因である
「認知症」ですが、毎日の食事風景のなかに予防方法が隠れていたのを
皆さんご存知でしたでしょうか?

「咀しゃく」というとどうしても顎や骨の健康維持をイメージしてしまいがちですが
実際は脳のいろいろな部分に大きな影響力を持っているんですね。

普段の食卓メニューに1品だけでも歯ごたえのあるものを取り入れて
噛む回数を自然に増やすなど、小さなことから挑戦してみたいものです(*´∀`)


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 噛む 咀しゃく 回数 認知症

11:15  |  歯の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

上手な歯磨きとは?

2008.11.18 (Tue)

すがすがしい青空で、いいですね
気持ちよく出勤、心地よい朝のコヒー
さあ、今日も身体にいい話を書くとしましょうか・・・

突然ですが皆さんは正しい歯磨きのポイントについて
ご存知でしょうか?

シッカリ磨いているはずなのに、いつの間にかできてしまう
虫歯に困っている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな歯磨きの豆知識をご紹介します。

ポイント1つ目は、歯を磨くときは力を入れすぎないように
することです。
これは耳にすることも多いかと思いますが、力任せに歯を
磨くことは逆効果といわれています。

歯の間に歯ブラシの毛先がうまく入らず汚れをかき出せない
だけでなく、歯や歯ぐきを傷つける原因にもなってしまうからです。

軽い力で磨くほうが汚れは落ちやすく、歯ぐきのマッサージにも
なるとのことですよ(*・∀・)

ポイント2つ目は、歯磨きペーストの量は少なめを心がけることです。
清涼感のある歯磨きペーストは、ついつい多めにつけてしまいがちですが
磨き残しがあっても、きちんと磨いた気になってしまうのが意外な落とし穴です。

虫歯の原因菌がもっとも悪さをするのは、唾液の分泌が少なくなる
就寝中だといわれています。
そのため寝る前の歯磨きは一日の中でも特に大切です。
1本1本の歯を丁寧に磨くことが重要で、夜の理想的な歯磨き時間は
約10分です。

歯磨きペーストを多くつけてしまうと口の中が泡でいっぱいになり、10分間も
磨いていられません。
ペーストの量は歯ブラシのヘッドの3分の1で充分です。

ポイント3つ目は、食後は30分以内の歯磨きをすることです。

虫歯の原因菌は食べかすをエサに活動を始めますが、食後は唾液の
分泌が活発なため焦って磨かなくても大丈夫です。

しかし30分以上経つと、唾液の分泌量が減り、口内環境はどんどん
悪くなってしまいます。
外出先で歯磨きが難しいときは、少量の水かお湯で口をすすぎ
大きな汚れを除いたり、シュガーレスガムを噛んで唾液の分泌を
促すことが効果的です(。´・д・)

ポイント4つ目は、起床したら朝ごはんの前に歯磨きをすることです。

朝食前と朝食後のどちらに歯磨きをするのが良いのかといった
疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は朝食の前に
歯磨きをすることが大切です。

起床時に口の中がネバネバするのは、就寝中に増殖した細菌が
原因で、就寝前の歯磨きが不充分だった証拠でもあります。

朝起きて歯磨きをせずに朝食をとってしまうと、
そんな口の中にたまった細菌を、食べ物と一緒に胃に送り込んで
しまうことになります。

歯磨きをすると朝食を食べるときに、歯磨きペーストの後味が気になる
という方は、ペーストなしで軽く歯磨きをしてみてはいかがでしょうか?
口臭予防の効果があるともいわれていますよ。

また朝食前に、歯を磨いたからといって朝食後は磨かないという方が
いらっしゃいますが、それも好ましくありません。

理想的なのは起床したらすぐに軽めの歯磨きをして、
朝食後にもう1度丁寧な歯磨きをすることです。

日々、時間に追われる生活のなかで丁寧な歯磨きを心がけるのは
意外と難しいかもしれません。

しかしいつまでも健康で美味しいものを味わうためには大切な歯です。
いままでより少し早めに起きて歯磨きの時間を長くしたり、市販されて
いる口洗液を活用してみることで、いつまでも美しい歯を保ちたいですね♪



テーマ : 美容と健康 - ジャンル : 心と身体

タグ : 歯磨き ポイント 口臭予防

14:24  |  歯の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT