FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ストレスの意外な一面

2018.07.31 (Tue)

さて、強いストレスを感じると人は“いつもの習慣”に
固執することをお話しました。

教授によると「健康的に良いか悪いかに関わらず、人は
ストレスが溜まると毎日の習慣をより繰り返すようにな
ります。喫煙や飲酒に走ってしまう人は、普段からそれ
が習慣化しているからです。身体のことを考えるならば、
健康的な行動を習慣化すればいい」というのです。

しかし「健康的な行動を習慣化する」と言われても、慣
れた生活を変えるのは決して容易なことではありません。
まずは小さなことから健康的な習慣をもつようにしまし
ょう。「朝食をきちんと食べる」「夜12時には寝る」な
ど出来る範囲から挑戦してみることが大切です。

健康的な習慣が身についていれば、ストレスを感じる毎
日でも、カラダに良い生活を維持することができます。
そして、それが心にも良い影響を与え、前向きになれます。

ストレスとは、生物が外的あるいは内的な刺激を受け、
「適応される」反応とプロセスのことをいいます。特に
医学的には「何らかの刺激が体に加わった結果、体が示
すゆがみや変調」と表現することができます。

つまりストレスとは、私たちが生きている限り続くもので
す。自分の意思と関係なく、気候が変わったり環境が変わ
ったり社会が変わったとき、私たちはそれに適応していか
なければなりません。その過程と応力がストレスです。

そしてそのストレス反応は、同じ原因でも受け止める人
によって「良いストレス」になるか「悪いストレス」にな
るかが大きく異なります。その受け取める人によって、カ
ラダやこころの反応が良くも悪くもなるということですね。

だからこそ、強いストレスを感じたとき少しでも前向きに
健康的でいられるように、普段から健康的な日常生活を心
がけましょう。


スポンサーサイト

テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体

11:44  |  ストレス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ストレスについて

2018.07.30 (Mon)

皆さんは最近、ストレスを感じてグッタリし
てしまった経験はありませんか?極度のストレスを感じ
ると、ついつい暴飲暴食や喫煙などの不健康な衝動に駆
られるという方も多いのではないでしょうか。

全てストレスのせいにして、不健康なことをしてしまい
がちですよね。

しかし最近の研究では、そういった考え方が間違いであ
るといわれはじめています。そこで今回は、ストレスの
意外な一面についてお話をしたいと思います。

実は、ストレスは不健康な行動だけでなく健康的な行動
をも引き起こすことが明らかになったのです。そして、
どちらを引き起こすかは人によって異なり、決め手とな
るのは本人の普段の生活習慣にあるといわれています。

一体どういうことなのでしょうか?

南カリフォルニア大学のウェンディ・ウッド教授がとあ
る実験をしました。一定期間にわたり、学生たちの生活
習慣を記録し続けるというものです。ストレスが学生の
生活にどのような影響を与えるのかを調べる実験でした。

実験の結果、普段よりもストレスが溜まり睡眠不足にな
りやすい“試験期間”になると学生たちはいつもの行動
に、より固執する傾向があることが分かりました。

たとえば、普段からジャンクフードをよく食べている人
は、ストレスが溜まるとよりジャンクフードを食べるよ
うになりました。対照的に、健康的な食生活が身に付い
ている人は、さらに健康的な食事を求めるようになって
いったというのです。

そして食生活以外でも同様の結果がみられました。毎日
のように新聞を読む人は、どんなに忙しい試験期間でも
時間を割いて新聞を読み、ジムに通っている人はストレ
スを感じて、よりジムに行くようになっていたといいます。


テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体

11:02  |  ストレス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ストレスと生理不順

2017.03.07 (Tue)

極度のストレスや生活環境の変化、不規則な食事による栄養障害や
蓄積疲労などは、ホルモンバランスを崩し生理不順を引き起こします。

生理がないということは、ホルモンバランスが崩れ、からだの機能が
おかしくなっているという赤信号で、人間関係などによる精神的ストレス
無理なダイエット 激しい運動 規則な食生活や蓄積疲労などにより、
ホルモンのバランスがくずれ、その結果、交感神経の働きが優位になり、
他方の副交感神経の働きが抑えられてしまいます。

ホルモンバランスに影響される自律神経というのは、自分の意思とは
関係なく、心臓や胃腸、血管、内分泌、汗腺などの内臓器官の働きを
コントロールしている神経のこと。

交感神経と副交感神経の二つがあり、起きている時は心臓を活発に
するため交感神経が、寝ている時は心臓の働きをゆっくりさせるために
副交感神経が働くというように、相反する働きをしながら、互いにバランスを
とって内臓の働きを調整しています。

自律神経中枢は、大脳の視床下部にあり、ここには女性ホルモン、
免疫機能のコントロール中枢のほか、体温、食欲のコントロール中枢もあります。
そこで、どれか一つにトラブルが起きると、他の中枢機能にも影響が出てくのです。

卵巣に起こる周期的変化は視床下部と下垂体前葉の機能によって調節され、
卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンの
分泌量には、その周期性変化につれて変化が起こります。

下垂体と視床下部とは密接な関係があり、下垂体の内分泌機能は視床下部から
分泌される放出因子・抑制因子というホルモンによって調節され、下垂体は
いろいろな内分泌腺の上位中枢として卵巣機能も下垂体から分泌される
ホルモンによって調節されています。

また、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンが逆にフィードバックして
下垂体と視床下部のホルモン分泌を調節しています。

近年、神経伝達物質であるノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミン、
エンドルフィンなどが、視床下部の性腺刺激ホルモン放出ホルモンに影響を
及ぼすことが明らかにされ、卵巣機能に対する環境や精神的要素の影響は
これらの物質を介することがわかってきました。

つまり、月経を直接コントロールするのは、女性ホルモンのエストロゲン
(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)ですが、この女性ホルモンの
分泌は脳の中の下垂体でつくられる黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモン
によって、さらに細かい調節を受けています。

元を正せば月経も脳でコントロールされているのです。
さらに、脳の中で月経をコントロールしている視床下部下垂体という部分は
ストレスの影響を強く受けてしまう場所ですので、環境や体重減少、精神的な
悩みなどの急激な変化で、ストレスが生じると、体が「危機」と感じとり、月経が
乱れたり止まったりするのです。

戦時中やインフレ不況の社会ではその間、無月経となる例も多いようですよ。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : ストレス 生理不順

16:05  |  ストレス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ストレスと自律神経について(1)

2017.02.27 (Mon)

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

11:27  |  ストレス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

円形脱毛症は、なぜ?

2010.12.21 (Tue)

脱毛症の中で最も多いのが円形脱毛症です。
自然に治ることもあるそうですが、円形脱毛症
再発を繰り返しやすいそうです。

円形脱毛症は、頭髪が円形に抜け脱毛部分が
拡大していく病気で、子供から成人まで幅広い
年齢層に見られ、病型は大きく分けて単発型、
多発型、全身型があるようです。

多いのはやはり単発型で、軽症例では自然に
治るケースもあるようですが、再発を繰り返し
やすいようです。

また、他の病気が原因で脱毛している可能性
もあるので、症状を自覚したときには皮膚科を
受診したほうがいいようです。

子供の場合は、脂腺母斑と言う先天的なほくろ
の一種があると、その部分に毛が生えないそうで、
脂腺母斑は将来、がん化する可能性もあるので、
注意が必要だそうです。

成人の円形脱毛症は、腫瘍や、エリテマトーデス
などの膠原病、薬剤が原因のこともあるようです。

円形脱毛症と判明すれば、治療はステロイド療法
や凍結療法が行われるようです。

ステロイド療法は外用薬と注射とがありますが、
凍結療法は毛を作る毛包に液体窒素で刺激を
与えて発毛を促す治療だそうです。
通常、数カ月治療すれば毛は生えてくるようです。

円形脱毛症の原因は、まだ明らかではなようですが、
毛包が何らかの“攻撃”を受けて休んでしまうことが
分かっているようで、その仕組みは、免疫の異常を
はじめ、ストレス遺伝アトピー体質などの関与が
考えられているようです。

円形脱毛症では、毛包はなくなるわけではないので、
毛が生える可能性は100パーセントあり、根気よく
治療を受けることが大切なようです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 円形脱毛症 ストレス 遺伝 アトピー体質

14:13  |  ストレス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT