FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

過換気症候群の対処法

2010.10.13 (Wed)

過換気症候群は、過剰に高い活動性を持っていて、
交感神経が優位に働いている人に多いようです。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、
日中の活動時間には交感神経が優位に働きます。

休息や睡眠時間が少なく、仕事をやり続けたり
すると、当然、交感神経の働きは活発になります。
その結果、日常生活で過剰な興奮状態が続き、
そこに精神的な動揺などの刺激が加わると、
交感神経がさらに興奮して過換気症発症に結び
付くそうです。

発作が起こると、肺や心臓に何か起こったのでは
と恐怖感が先行しがちですが、死に至る病気では
ないことを認識し、できるだけ静かに呼吸して安静
にし、意識して楽しいことを思うなど、気をそらせる
と有効のようです。

周囲の人は、慌てずに語り掛け、リラックスして
呼吸するようにリードしてあげましょう。
また、「紙袋再呼吸法」を行うと効果的だそうです。

吐き出した空気を再び吸うことで、不足している
血液中の二酸化炭素を補うのです。
ただし、紙袋を口と鼻に密着させると低酸素血症を
引き起こすので軽くかぶせるようにしましょう。

特に、ビニール袋を代用する場合は、注意が必要で、
こうした処置で改善されないときは、最寄りの内科を
受診するといいようです。

治療には、抗不安薬やSSRIという抗うつ薬が用い
られますが、問題は再発を繰り返すケースです。
その予防には、病態を十分に理解してライフスタイル
を見直すことが大切なようです。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 過換気症候群 対処法 リラックスして呼吸

15:23  |  ストレス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

過換気症候群とストレス

2010.10.08 (Fri)

過換気症候群は、若い女性に多いとされていましたが、
最近は男女とも幅広い年齢層で見られるそうです。

過換気症候群は多くの場合、不安や緊張、あるいは
喜び過ぎなど、情動の変化をきっかけに、過剰な深呼吸
を繰り返し起こす病気です。

本来、肺胞の中には一定の二酸化炭素が保たれ、体の
酸性とアルカリ性のバランスを整えているようですが、
頻繁な深呼吸によって二酸化炭素が排出されると血液が
アルカリ性に傾き、脳血管が収縮していろいろな症状を
起こすようです。

主な症状だけでも(1)呼吸器症状 (2)循環器症状
(3)神経症状-が挙げられるようです。

呼吸器症状では『空気が吸えない』『空気が薄い』と
いった特徴的な訴えをする人が多いようです。

循環器症状は、心臓が苦しい、どうきが激しいなどで、
神経症状としては口や手足のしびれなどのようです。

こうした身体症状から激しい死の恐怖に襲われることで、
パニック障害の症状とよく似た点があり約半数は二つの
疾患が重なっているといわれているようです。

脳卒中などと似た症状が見られる脳の病気が原因の
場合も少なくないようですが、過換気症候群を起こし
やすい人は、性格やライフスタイルの関与が大きいと
されています。

例えば、仕事が忙しい、課題が多い、競争が激しい
といった切迫感や強迫感が日常的にあり、それを強く
感じて、過剰に反応する性格の人が起こしやすいと
言われています。
ストレスなど刺激の受け方は個人差が大きいのですが、
常に神経が興奮した状態にあると、ちょっとした刺激で
も反応しやすいそうですよ。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 過換気症候群 ストレス 不安や緊張

16:53  |  ストレス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アロマセラピーの効果とは?

2010.09.29 (Wed)

アロマセラピーが話題になっています。
ハーブから抽出された精油を使ってきゅう覚に働き掛け、
皮膚からも吸収して自己免疫力を高める治療法です。
不眠症など、特にストレスが原因となって起こる症状を
和らげる効果があるようです。

ストレスは、交感神経を緊張させ、交感神経の緊張は
血管を縮め、血液の流れを悪くして、しびれや痛みの
原因となるようです。
この状態が長く続くと痛みが増幅され、心身症や
更年期障害、アレルギー性鼻炎やアトピー性鼻炎
が悪化することもあるそうです。

痛みは脊髄を伝わって脳に届くのですが、痛みの通る
“門”の存在が解明されつつあるそうで、例えば、いい
環境音楽を聞くと門は閉じ、ストレスが加わると開きっ
放しになるそうです。

ストレスがなければ、この門は開かない。痛みそのものが
ストレスとなって、この門を開けてしまうこともあるようです。

痛みの治療の一環として行われるアロマセラピーを受ける
のは、20-40歳代の女性が多いようで、訴える症状は
不眠や慢性的な疲労、肩凝り、腰痛など、いわゆる
OL症候群と呼ばれるものでそうです。

アロマセラピーはハーブの花や実、枝や幹から蒸留法や
圧搾法によって抽出された精油を使います。

使われるオイルは約40種類。一般的に、気分を落ち
着かせるラベンダーやカモミールなどが不眠症に、
ローズマリーやユーカリなどが肩凝りや腰痛に効果が
あるとされています。

症状に合わせて2-4種類の精油を選び、混ぜ合わせて
使用され、この精油で背中のマッサージを約15分おこなうと
漂う香りは肺から、さらにマッサージで皮膚から、それぞれ
体内に浸透するようです。

この後約20分ほど、うつ伏せのままリラックスした状態で
いると、吸収された有効成分は血液中で最高濃度となり、
40分後には肺から排出されます。
ストレスが原因の場合、5-10回の治療でほとんどの
症状は改善されるようですよ。

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

タグ : アロマセラピー 精油 自己免疫力

11:52  |  ストレス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

太極拳の効果

2010.04.22 (Thu)

ゆっくりした動きと深い呼吸が特徴の太極拳は、
中高年でもすぐに始められる手軽で奥の深い
健康法だそうです。

血行が良くなり、足腰が強くなるなどの効果が
あるそうです。

そんな太極拳のお話です。

太極拳は、中国の武術の 1 つですが、その後、
健康法として確立された気功の 1 種だそうです。

深い腹式呼吸に合わせて、24の定型の動作を
10分間ほどかけてゆっくり行います。
無理をしない範囲で体を柔らかく動かし上半身を
ゆったりさせ、下半身は中腰で上半身を支える
のが基本だそうです。

この呼吸法や動きによって、血行が良くなり足腰は
強くなるようで、交感神経の緊張も和らぐそうです。

交感神経は、自律神経の 1 つで、呼吸や血液の
循環、消化などに関係していますが、過剰に働くと、
血圧が上昇したり、筋肉がこわばったりします。
太極拳は、この過剰な働きを抑えるそうですよ。

このため、慢性胃炎や便秘の改善、肩凝りや
腰痛の緩和などの他、軽度の高血圧の場合には、
血圧低下といった効果も得られるようです。

太極拳の励行は、足腰を強くし、高齢者では
転倒も防げますし、病気の治療にも予防にも
役立ち、精神の安定も得られるそうで、優れた
健康法だと思われます。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 太極拳 呼吸法 腹式呼吸

14:35  |  ストレス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

歩く効果とは?

2010.04.12 (Mon)

散歩をすると気持ちがいいだけではなく、歩くことには
幾つもの効果があるそうですよ。

そこで今日は、歩く効果についてのお話です。

歩くことにはいろいろは効果があるといいますが、
何歩歩けばどんな効果が得られるかといった
具体的なことは、まだ分かっていないようです。

ある調査では、対象は企業の社員のうち軽度の
血圧の人を含む730人、平均年齢は48歳
毎日1万歩を12週間続けてもらうようにし、歩く
効果だけを調べ、食事や睡眠などの生活指導は
行わなかったそうです。

この企業では、社員の健康対策を考え万歩計を
配布しており、全員が万歩計を持っているそうで、
開始から4週間で、1日1万歩歩くことを続けていた
のは300人ほどで、。12週間続けられたのは83人
だったようです。
開始前、このうちの32人が軽度の高血圧患者だっ
ようで最高(収縮期)血圧が140mmHg表す人です。

12週間後、32人の血圧値の平均は、最高血圧
開始時の149から141に、最低血圧が99から91に
低下していたそうです。
中には最高血圧が20ほど下がった人もいたようです。

血圧の上昇には、交感神経の興奮も関係しており、
歩いたり、ジョギングなど運動をすると、交感神経の
興奮が抑えられると言われ、この32人の交感神経の
状態を心電図で調べたところ、改善していることも
分かったそうです。

730人が12週間で83人に減ってしまったことからも
分かるように、1日1万歩を続けるのは容易ではない
ようで、いったん血圧が下がっても、続けなければ
すぐに元に戻るそうです。

夫婦で歩く、友人と歩くなど、歩く際には連れを
つくるようしたり、書店や喫茶店に寄るなどの目的を
つくるのもいいようですよ。

軽度であっても高血圧が続けば、心臓や腎臓などに
臓器障害が起きやすくなります。
この調査では、血圧以外にも、コレステロール値や
中性脂肪なども検査したが、ほとんど変化がなかった
そうです。

コレステロール値などを下げるには、やはり食事に気を
付けて、睡眠や休養を十分取るなど、生活全体に
気を配る必要があることが改めて分かったそうです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 歩く 健康対策 血圧

17:12  |  ストレス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT