FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

口臭が強いのは・・

2009.07.25 (Sat)

口臭は、健康な人でも生理的なものはあるのですが、
本人や他人が気付くほどにおうものを他臭症というそうです。

他臭症は、何らかの病気によって起こるそうです。

最も多いのが、口の中の病気だそうで、例えば、虫歯や歯周病が
ある人は、歯こうや歯石のほか、歯肉の間に食べかすがたまるなどで、
口臭が強くなるそうです。

口内炎などの口腔粘膜の病気や、舌苔(ぜったい)、義歯や
ブリッジに付いた汚れなども、口臭の原因になるようです。

他臭症には、このほかにも、慢性鼻炎や副鼻腔炎といった
耳鼻咽喉(いんこう)の病気、化のう性気管支炎や肺がんなど
呼吸器の病気、胃炎、胃かいよう、胃がんといった消化器の病気、
そして肝臓病や糖尿病なども関係しているそうです。

においの測定器で判定について

口臭に過敏な人がいる半面、口臭を軽視する人もいるが、
口臭は何らかの病気と関係することもあるので、「口臭を1カ月も
2カ月も放置していると、重篤な病気を見逃すことがあるそうです。

口臭に気付いたときは、迷わず口臭外来のある医療施設を
受診すべきで、最寄りに口臭外来のある医療施設がない場合は、
掛かり付けの歯科や耳鼻咽喉科で紹介してもらうといいようですよ。

診断ではまず、口腔内の病気がないかを診るそうです。
「他臭症の多くは口腔内に原因があるので、その治療をします。
歯周病が原因なら、歯こうや歯石を除去し、正しい歯磨き法を
指導するそうです。

ほかの病気が原因と疑われる場合は、それぞれの専門医を紹介
してくれ、原因疾患を治療すると改善するようです。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 口臭 他臭症 口内炎

11:50  |  臭い  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

自分のニオイが気になりますか?

2009.07.07 (Tue)

あなたは、自分の体から便臭、体臭、口臭などの不快な
においが出て、周囲の人に嫌な思いをさせていると思い
込むことはありませんか、

それは、自己臭症という病気だそうです。
今日はそんな自己臭恐怖についてのお話です。

多くの場合は、妄想性障害の一つのようですよ。

その症状の程度は次の3段階に分けられるようです。

軽症な場合
不快なにおいを気に掛けているが、その確信は強くなく、社会適応は良好。

中等症の場合
不快なにおいに対する確信が強く、第三者に認識されていると感じ、
時として社会適応に支障があることも。

重症な場合
不快なにおいに対する確信が非常に強く、第三者に認識されていると感じ、
妄想や幻聴を伴い、社会適応が出来ない場合。

軽症の場合は自己臭症ではないので、洗口剤などを使用する程度の
対応で済みますが、重症例では精神科医の協力が必要になるようです。

重症の人ほど、体の異常がにおいの原因になっていると思い込む傾向が
強いようで、そのために自分の判断でさまざまな科の医者を訪問する
“ドクターショッピング”を重ねたりするようです。

こうした重症例を適切に治療するには、まず、専門医にきちんと診断して
もらうことが大切なようです。

「口臭が気になる人は、口臭外来のある病院で受診するといいようです。

虫歯や歯周病が原因の場合は当然、その治療を行いますし、自己臭症と
診断が付けば、その病態をきちんと理解することが治療の第一歩になるようです。

自己臭症は、思春期に発症するケースが多いようです。
便臭が気になる人は消化器外科、体臭が気になる場合は皮膚科を受診して、
身体疾患の有無を診てもらうのが第一だそうです。

原因となる身体疾患がなくて自己臭症が疑われる場合は、精神科を紹介
してもらうとよいようです。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 自己臭症 自己臭恐怖 妄想性障害

09:58  |  臭い  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

汗をかくのは・・

2009.06.09 (Tue)

蒸し暑く感じる梅雨から夏にかけて、汗を意識することは
あっても、ふだん汗について意識することはあまりないようです。

今日は、汗についてお話しましょう。

汗の異常が健康のバロメーターであったり、手足の異常に
多い発汗のために悩んでいる人も少なくないようです。

エクリン腺は、皮膚の表面から1~3mmの所にありますが、
大きさはかなり小さくて肉眼ではほとんど見えないそうです。

実際に活動しているのは半分程度ですが、この活動している
エクリン腺の量が、汗の量を左右し、体温調節のために働いて
います。

個人差はありますが、快適な気温でも一日約900ccは汗を
かいているそうで、夏の暑い時期には、1時間当たり400~500ccの
汗をかき体温の調節を行っているようです。

エクリン腺の働きは自律神経の一つ交感神経の支配を受け、
その中枢は視床下部(脳の底の一部)にあります。

発汗には情動不安定や自律神経失調症状を伴うことも
少なくないことから、大脳皮質や大脳返縁系との関係も考えられて
います。。

エクリン腺からの汗の99%以上は水分でにおいはほとんどしません。

エクリン腺からの汗の種類としては次の三つがあげられるようです。

(1)温熱性発汗(暑い時や運動した時、体温調節のためにかく汗)、

(2)精神性発汗(緊張した時や驚いた時に出る冷や汗で、
手のひらや足の裏、わきの下から出やすい)、

(3)味覚性発汗(辛いものを食べた時に額や鼻にかく汗)。

アポクリン腺の量は個人差があるばかりでなく人種間でかなり
差があるようです。
黒人や欧米人には多く、日本人には少ないといわれています。

あなたは汗かきでしょうか




テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 温熱性発汗 精神性発汗 エクリン腺

10:44  |  臭い  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ニオイが感じにくくなった 

2009.06.04 (Thu)

あなたは、最近、あまりニオイが感じにくくなったと
思ったことはありませんか?

今日は、ニオイが感じにくくなる嗅覚障害について
お話しましょう。

嗅覚障害で最も多いのは副鼻腔炎によるものといわれています。
感冒などの際に鼻の炎症が長引くと、副鼻腔と呼ばれる骨の
空間に細菌感染を起こして炎症を起こした結果、膿が貯留
してきます。この状態を副鼻腔炎と呼びます。

最近の研究によると慢性副鼻腔炎では、長引く炎症性変化
の結果、鼻の粘膜の変性だけでなく脳の一部(嗅覚に関係した脳)の
変化が起こって、嗅覚障害が起こってくる可能性が高いことが
研究で解かってきました。

さらに慢性副鼻腔炎では、鼻茸などによる鼻の粘膜の炎症性変化
と膿(うみ)の増加が起こるそうです。

また慢性副鼻腔炎を起こしやすい鼻中隔わん曲症など、
鼻の空間(鼻腔といいます)の形態異常がしばしば合併して
いるようです。

この結果、鼻閉(鼻づまり)や鼻腔内の空気の流れの障害が起こり、
ニオイを感じるための呼吸性障害が嗅覚障害を起こしやすくしてい
るようです。

このように慢性副鼻腔炎の嗅覚障害は、鼻粘膜の変化と鼻腔内の
気流障害の組み合わさったものと考えられているそうですよ。

ニオイにも少し気をつけてみましょう。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 嗅覚障害 ニオイ 副鼻腔炎

09:11  |  臭い  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

気になる口臭について

2009.03.09 (Mon)

誰もがきになる口臭についてお話しましょう。

口臭が気になったとき、どの科を訪れたらよいのでしょうか?
内科を訪れてもほとんどの場合、あまり問題にしてもらえないことが
多いと思われます。

最近は歯科領域で、口臭の問題に積極的に取り組む病院や
診療所が多くみられるようになってきているそうです。

口臭は大きく分けて、

①真性口臭、②仮性口臭、③その他(おもに口臭恐怖症)の
三つに分けることができるそうです。

真性口臭は他の人が明らかに臭いが分かるもので、病気とは
関係なく起こる生理的口臭と病的口臭に分けられるそうです。

生理的口臭は起床時や空腹時、過労や緊張したときに
起こりやすくなります。

口の中はだ液によって絶えず自浄作用が働いていますが、
だ液が少なくなってくると口臭が強くなります。

たとえば朝起きたときには口臭が比較的強くなります。
睡眠中にだ液の分泌が少なくなって細菌が増殖し、口の中が汚れ、
口臭が強くなってくるためだそうです。

緊張してだ液が少なくなったときや、女性なら妊娠中にホルモンの
影響でだ液が減少し、口臭が強くなることがあるそうです。

病的口臭の多くは虫歯や歯周病が原因で、進行すると歯垢が
落としにくくなり、歯垢がもとで悪臭が作り出され、さらに病状が
進むという悪循環が繰り返されます。

虫歯や歯周病では原因なる細菌が臭気のあるガスを発生しやすい
ために口臭を生じやすくなります。

舌の表面に白いコケができる舌苔(ぜったい)も口臭の源とされています。
しかし舌苔を取り除くためにあまり舌を強くこすると表面を傷つけ、
炎症を起こすためにみがき過ぎには注意が必要です。
舌苔を安全に取り除くには、舌苔は舌の置くに付きやすいため、
柔らかい歯ブラシや舌ブラシでやさしくこするとよいでしょう。
くれぐれもこすりすぎないようにしましょう。

全身の病気も口臭の原因になることがあります。
糖尿病では甘酸っぱい口臭、肝臓病では腐ったような口臭が出ることが
あるようです。

仮性口臭は心因性口臭ともいえるもので、生理的な範囲での口臭しか
感じられないのに、本人が強く口臭を訴える場合です。

人には分かってもらえない口臭なので本人の悩みも強く、ひどくなると口臭を
気にするあまり、緊張と恐怖のために他の人との会話もできなくなる
口臭恐怖症となることもあるようですよ。

お互い、口臭には注意をはらいたいものですね。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 口臭 真性口臭 仮性口臭

10:16  |  臭い  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
PREV  | HOME |  NEXT