FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

「老前整理」②

2018.08.08 (Wed)

老前整理をするにあたって他にも整理のポイントとは
なんでしょう。
理屈では使えるものと使わないものの違いを理解していて
も、どうしても勿体なく感じてしまう…。手放した後に後
悔をしたくない。という人も多いのではないでしょうか?

しかし、何十年も前のさまざまな製品は現在の“それ”に
比べて安全性が低いといえます。たとえばポット1つにして
も、近年の電気量販店で売られているものには「空焚き防止」
や「チャイルドロック」機能など事故を防ぐための機能が
つけられています。

しかし十年前のポットはどうでしょうか?仮に同じ機能が付
いていたとしても、長年の劣化で正常に機能しなくなっている
可能性も考えられます。老後の安全を考えるうえでも、古く
なりすぎたものは思い切って捨てるか、誰かに譲るか、リサイ
クルに出す…などしましょう。使わないのに使えるからとって
おくというのであれば、それこそ勿体ないですよね。

①いま役に立っているものは残す
使用頻度の高いもの、お気に入りのものは無理して処分しなく
ても大丈夫です。

②大切な思い出のあるものは残す
役に立っていなくても、思い出のつまったものは代えがききま
せん。残しておくのに十分な理由です。

③さきほどの①・②に当てはまらなかったものは手放す
{・ゥったものでも、手に入れるのに苦労したものでも、今の自
分に必要のないものは潔く処分しましょう。

④ここ○年以上着ていない服は手放す
自分なりの期間を設定します。たんすの肥しのままなら、スペ
ースの無駄と心を鬼にしてください。

⑤ここ○年以上使っていない雑貨は処分する
あること自体を忘れているような雑貨類は、ゴミを持っている
ようなものだと考えましょう。

このように「老前整理」の自分ルールを作ると作業がスムーズ
になります。上記の項目を参考にしてオリジナルのルールを作
ってみてください。

処分をする基準に明確な正解はありません。どうしても決心が
つかないものは「保留箱」を作って、その中に入れておくのも
いいでしょう。ただし、これも猶予期間をしっかり決めて最終
判断をする決心をもちましょう。


スポンサーサイト
10:10  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

老前整理とは

2018.08.07 (Tue)

突然ですが、皆さんは「老前整理」という言葉を聞いた
ことがありますか?

老前整理とは、自分が老いる前の、気力・体力が充実して
いるうちに身辺を見直して、いらないモノを整理しようと
いう考え方です。一方で、「生前整理」という言葉もあり
ますが、これは相続問題も含めた身辺整理のことであり、
元気があるうちに、今一度暮らしを見つめ直そうという老
前整理は、それとは異なる考え方です。

長年にわたってため込んできたものを片づけ・整理して、
快適で軽やかな老後を迎えるために、近年では老前整理を
する人が増えているといわれています。

そこで今回は「老前整理」を成功させるためのコツについ
て少しお話をしたいと思います。

そもそも老前整理といっても、何から手をつければいいのか
分からない人も多いのではないでしょうか。いざ始めるとな
ると、つい気合が入ってしまい、頑張りすぎてしまうケース
も多いようですが無理は禁物です。若いころとは体力が違い
ます。根を詰めすぎて足腰を痛めたり、寝込んでしまうこと
のないように注意しましょう。

何十年にもわたってため込んだモノを一朝一夕には片づけら
れません。割り切って少しずつ進めていきましょう。たんす
の引出し1つから、押し入れの一角から…と場所を決めてもい
いですし、「1日15分まで」と時間を決めてもいいです。一度
に沢山ではなく、少しずつ片づけていきましょう。

そして、実際に始めてみたものの、どれもこれも処分できず
に老前整理が進まないというときは「“使える”と“使う”
は違う」ということを肝に銘じてください。

例えば、押し入れに10年前に買った扇風機があるとします。
壊れていないので「使える」ものです。しかし、夏はエア
コンを使っていたので今年は1度も押し入れから出しません
でした。去年もです。ということは、これは「使える」けれ
ど「使わない」ものです。老前整理の対象になると考えまし
ょう。


テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体

09:22  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コーヒーの代わりに朝にお勧めしたいもの

2018.07.28 (Sat)

さきほどは、目覚めのコーヒーが私たちの健康を害して
いるというお話をしました。そこで今度は頭をシャキッ
とさせたい朝にオススメな食べ物をご紹介したいと思い
ます。

●アイス
大手菓子メーカーと杏林大学の古賀良彦教授が共同で行
った実験によると、寝起きの状態でアイスを食べると脳
から高い周波数のα波が出てイライラ感が治まるととも
に、脳全体がリラックスしてしっかりした覚醒度が上昇
するそうです。

さらに起床後、アイスを食べた被験者にPCの操作をさせ
たところ、脳の反応速度が上がり、アイスを食べなかっ
た人より情報処理能力がUPしていることも判明したそう
です。ちなみに冷たい氷で同様の実験を行っても、アイ
スほどの効果は得られなかったとか。冷たいものなら何
でもOKというわけではなさそうです。

●チーズ
チーズに含まれる「チロシン」は脳を活性化させてドー
パミンや、ノルアドレナリンなどをつくり出す神経伝達
物質の原料となります。ブドウ糖と一緒に摂取するとよ
り脳に働くといわれているので、ブドウ糖のキャンディ
ーと一口チーズを合わせて食べるとより効果的だと考え
られます。

●チョコレートやココア
チョコレートやココアにふくまれる「テオブロミン」は
カフェインと比較して興奮作用がずっと緩やかで、大脳
皮質を刺激し、集中力、記憶力、思考力を高めます。ま
た、自律神経を調節してリラックスさせる効果もあります。

●大豆食品
大豆には、「レシチン」やチーズと同じく「チロシン」
という栄養素が含まれています。レシチンは、脳を活性
化する働きがあり、チロシンにはノルアドレナリンやド
ーパミンの分泌を高める作用があります。最近は大豆を
使ったお菓子がコンビニにも多く出ているので、摂取し
やすいかも知れませんね。

●牛乳やバナナ
牛乳やバナナに含まれる「ビタミンB1」は脳の中枢神経
や末梢神経の機能を正常に保つ働きがあります。また、
脳の重要なエネルギー源であるブドウ糖の代謝に欠かせ
ないビタミンです。脳や神経に十分にエネルギーが供給
されることによって集中力が向上するので、ご飯の後に
合わせて食べるのが良いでしょう。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

15:09  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

朝のコーヒー

2018.07.28 (Sat)

出勤前や目覚めとともにコーヒーを飲む。そんな人は多い
のではないでしょうか。「朝専用缶コーヒー」というのも
発売しているぐらいですから、朝=コーヒーというイメー
ジは一般的に当たり前の感覚になっています。

しかしながら、「目覚めのコーヒー」が私たちの健康を害
している可能性がある、ということが最近の研究で発表さ
れました。これを受けて、いったい身体にどのような影響
があるのか、飲むのに最適な時間帯はいつかを考えてみま
しょう。

ポイントとなるのは「コルチゾール」というホルモンです。
コルチゾールは副腎皮質ホルモンの一種「糖質コルチゾイ
ド」の一種で、生体においてとても重要。タンパク質、炭
水化物そして脂肪の代謝を抑制する役割があります。

しかし、過剰に分泌されることで血圧や血糖値の上昇などを
引き起こす危険性が高まると考えられています。

実は朝の時間帯にカフェインを摂取すると、このコルチゾ
ールの働きに悪影響を及ぼすと言われています。その問題
点は大きく以下の2つに分けられます。

1つ目は、カフェインがコルチゾールの生産を阻害してしま
い、それを補うために身体がもっとカフェインを欲するよ
うになるということ。

2つ目は、朝にコーヒーを飲む事でカフェインへの耐久性が
あがり、慢性的に欲するようになってしまうというものです。
さらに、朝コーヒーを飲むことで血糖値が上がりやすくなっ
てしまう、ということも研究で指摘されています。

では、コーヒーを飲むべき最適な時間帯はいつでしょうか?
それは、コルチゾールが高くない時間帯、朝10:00~12:00
にかけて、また14:00~17:00にかけて、がコーヒーやカフ
ェインを摂取するのに良い時間帯だと言えます。それらの時
間帯であれば、カフェインがコルチゾールの生産を阻害する
のを最小限に防ぐことができ、カフェイン中毒にもなりづら
いようです。そしてコルチゾールの分泌を促すことができる
ために、覚醒度が上がる、ということになります。

コーヒーを目覚めの一杯を日課としている方は、もう一度習
慣を考え直してみましょう。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

09:52  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

トイレを朝の習慣に 

2018.07.23 (Mon)

出てほしいときに出てくれず苦しくて、時には気持ち悪く
なってしまうこともある「便秘」。ストレスの多い環境も
多く、皆さんも一度は悩まれたことがあるのではないでし
ょうか。

今回は、そんな便秘について豆知識をお話したいと思います。

そもそも便秘とは、便の腸管通過時間が正常な生理的な値
(120時間まで)より長く、排便に困難を伴うなどの症状が
見られる状態と定義されています。しかし、排便期間には
個人差があり、便秘と思われがちな症状の大半は単なる便の
腸管通過時間の増加に過ぎません。3~4日に1回程度でも
苦痛を伴わない長年の習慣であれば便秘と考えなくてもよい
でしょう。排便間隔が2日でも、残便感やお腹が張った苦しい
感覚などがある場合は便秘と考えられます。

便秘のタイプは、大きく分けて「器質性便秘」と「機能性便秘」
があります。便秘の大半を占める「機能性便秘」は、さらに
2つの「一過性便秘」と「習慣性便秘」に分けることができます。
旅行などによる、環境の変化から起こる「一過性便秘」の主な
原因は、緊張やストレス、また食物繊維不足や水分不足によって
も発症するもので、原因が分かれば比較的自然に収まります。

「習慣性便秘」は、生活習慣や食生活が原因として発生する便秘
です。これはさらに3タイプに分けられます。一つ目は「直腸性
便秘」。便が直腸(便が外に出る手前の場所)まで運ばれている
にもかかわらず、大脳にその刺激が伝わらないために発生する便
秘です。二つ目は、「けいれん性便秘」。主に疲れやストレスが
原因で発症する便秘です。三つ目は「弛緩性便秘」。便意がある
のにお腹が張ってしまう、女性や高齢者によく見られる便秘です。

これら3つのタイプに共通する原因として、「腸内細菌叢のバラ
ンスの乱れ」が考えられます。

人間の腸の中には100兆個もの腸内細菌が存在し、それらは乳
酸菌やビフィズス菌などの善玉菌、大腸菌やウェルシュ菌などの
悪玉菌、どちらにも属さない中間の日和見菌に分類できます。善
玉菌が悪玉菌の働きを抑え、腸内細菌を一定のバランスに保つこ
とで健康な腸内環境が維持されています。

ところが、悪玉菌が増えるとアミノ酸やタンパク質などの分解が
促進され、アンモニアなどの有毒ガスや有害物質が発生します。
これにより腸の活動が低下し、便秘が発生してしまうのです。健
康的な腸内環境を保つためには、日常的に乳酸菌やビフィズス菌
などの善玉菌を摂取し、腸内細菌のバランスを整えることが必要
です。バランスの良い食事を心がけましょう。

また、快適な排便習慣を身につけるには、朝の時間を大切にしま
しょう。朝ごはんを食べたり起きてすぐ冷たい水を飲むと、胃と
腸が刺激されて便意が起こりやすくなります。そして、便意がな
くても必ずトイレへ行くようにするのも大切です。こうして朝に
時間を作るように心がけると、規則正しい生活習慣も身につくので、
自然と便秘になりやすい習慣が便秘になりにくい習慣へ変化します。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

13:39  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT