FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

カフェイン依存症かも?

2018.12.10 (Mon)

コーヒーを始め、お茶や紅茶、コーラ、栄養ドリンクなどにも
含まれるカフェイン。脳の覚醒作用や解熱鎮痛作用があり、
医薬品に使用されることもあります。

しかし、カフェインを過剰摂取してしまうと薬物ほど深刻では
なくとも、精神疾患として認められる「カフェイン依存症」に陥
ってしまうことがあります。そこで今回は、その中毒性や危険
についてお話をしたいと思います。

人間の脳内にある「アデノシン」と「アデノシン受容体」と呼ば
れる2つの物質がくっつくことで、人は“疲労”を感じます。しか
し、カフェインを摂取すると、血液に乗って脳内に入ったカフェ
インがアデノシン受容体と結びつき、アデノシンが受容体と結
合できなくなるため、人は疲れを感じにくくなくなります。

コーヒーを飲むと、眠気が覚めて体がスッキリとしたように感
じるのはこのためです。ただ、カフェインの摂取を繰り返すう
ちに、少量のカフェインでは脳へ働きにくくなくなってしまいます。

これにより、人はいっそう疲労を感じ、それを解消しようとカフ
ェインの量が次第に増えていき、“カフェイン依存症”に陥るこ
とがあるのです。

カフェインを摂取しないと体にさまざまな不調が現れるという
のは、「カフェイン依存症」の特徴です。

カフェインを摂取しない間に以下の症状が1つでも見られる場
合は、少しずつカフェインの摂取量を減らしてみましょう。

・頭痛が起こる
・からだがだるい
・頭がぼんやりする
・不安になったり気分が落ち込んだりする
・嘔吐が起こる
・集中力がなくなる
・眠気

また、何気なく飲んでいる飲み物にカフェインがどれだけ含
まれているのかを正しく理解することも大切です。

【100mlあたりのカフェイン含有量】

玉露……………………160mg
レギュラーコーヒー……60mg
インスタントコーヒー……60mg
紅茶……………………30mg
ココア……………………30~35mg
煎茶……………………20mg
烏龍茶…………………20mg
ほうじ茶…………………20mg
玄米茶…………………10mg
コーラ……………………10~13mg

「カフェイン=コーヒー」が一般的と思っていましたが、玉露は
コーヒーの2.5倍近い量のカフェインが含まれているので要注
意です。日常の飲み物で「玉露入りのお茶」を好んで飲む人は
カフェインの過剰摂取になるかもしれません。飲む量に気をつ
けましょう。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 健康

09:37  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

知らないうちに栄養失調かも?

2018.09.14 (Fri)

突然ですが近年、戦中戦後のように栄養失調になる人が
増えているのを皆さんはご存知ですか?

栄養に気を遣っている人や、3食きちんと食べている人
にも「低栄養」になってしまう危険が潜んでいるというの
です。そこで今回は、平成の栄養失調とも言える「低栄
養」についてお話したいと思います。

「低栄養」は体型や食欲では判断できません。にもかか
わらず「貧血」「脳出血」「肺炎」「骨折」など体のあちこち
で怖い病気を引き起こしてしまう深刻な状態です。

低栄養かどうかは血液中の「アルブミン」という成分の量
で判断されます。アルブミンとはタンパク質の一種で、血
液を流れている血清タンパク質のおよそ6割を占めてい
ます。つまり低栄養とは「タンパク質不足」のことなのです。

タンパク質は体のさまざまな組織をつくる材料になります。
そのため不足すると、

赤血球の材料が少ない→「貧血」
血管を作る材料が少ない→「脳出血」
免疫細胞を作る材料が少ない→「肺炎」「結核」
筋肉を作る材料が少ない→「転倒」→「骨折」

などといったように、さまざまな病気につながってしまいます。
(3.5g/dl以下で低栄養、3.8g/dl以下で低栄養予備群)

戦後まもない頃までは伝統的な日本食、ごはん、みそ汁、
漬け物、煮物、魚が中心でした。しかし、これでは十分な
タンパク質が摂取でずに、当時は結核や肺炎、脳出血で
亡くなる人が多かったのです。

その後、肉や卵を油で調理するような洋食の文化が取り入
れられ、食卓には伝統的な日本食と洋食によるタンパク質
豊富な料理が並ぶようになりました。

では、なぜ近年になって「低栄養」になる方が増えているの
でしょうか。

実は、低栄養になってしまう人は高齢者で一人暮らしである
ケースが多いのです。若いころは、洋食や肉料理にも箸がす
すみ、家族の栄養や好みを考えて色々な料理を口にしていた。
しかし、年をとり一人暮らしになってからは“自分の好きなも
のだけを食べるようになった”という人が多いためです。

健康のため魚や野菜などを勧める健康情報もあふれるよう
になっています。そのため、魚や野菜は積極的に食べている
のに、肉や卵は気づかないうちに食べていない…なんて場合
もあるようです。

つまり、高齢者の孤食が偏った食生活の原因となり、「低栄
養」の危険を高くしているのです。

健康のためといっても、偏った食事では意味がありません。
自分の好みの料理や食材ばかりでなく、たまには普段は
食べないような味付け・料理法を心がけ、「低栄養」を防ぎ
ましょう。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

11:08  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

知らないうちに栄養失調かも!

2018.06.19 (Tue)

知らないうちに栄養失調かも! 

突然ですが近年、戦中戦後のように栄養失調になる人が
増えているのを皆さんはご存知ですか?

栄養に気を遣っている人や、3食きちんと食べている人
にも「低栄養」になってしまう危険が潜んでいるというの
です。そこで今回は、平成の栄養失調とも言える「低栄
養」についてお話したいと思います。

「低栄養」は体型や食欲では判断できません。にもかか
わらず「貧血」「脳出血」「肺炎」「骨折」など体のあちこち
で怖い病気を引き起こしてしまう深刻な状態です。

低栄養かどうかは血液中の「アルブミン」という成分の量
で判断されます。アルブミンとはタンパク質の一種で、血
液を流れている血清タンパク質のおよそ6割を占めてい
ます。つまり低栄養とは「タンパク質不足」のことなのです。

タンパク質は体のさまざまな組織をつくる材料になります。
そのため不足すると、

赤血球の材料が少ない→「貧血」
血管を作る材料が少ない→「脳出血」
免疫細胞を作る材料が少ない→「肺炎」「結核」
筋肉を作る材料が少ない→「転倒」→「骨折」

などといったように、さまざまな病気につながってしまいます。
(3.5g/dl以下で低栄養、3.8g/dl以下で低栄養予備群)

戦後まもない頃までは伝統的な日本食、ごはん、みそ汁、
漬け物、煮物、魚が中心でした。しかし、これでは十分な
タンパク質が摂取でずに、当時は結核や肺炎、脳出血で
亡くなる人が多かったのです。

その後、肉や卵を油で調理するような洋食の文化が取り入
れられ、食卓には伝統的な日本食と洋食によるタンパク質
豊富な料理が並ぶようになりました。

では、なぜ近年になって「低栄養」になる方が増えているの
でしょうか。

実は、低栄養になってしまう人は高齢者で一人暮らしである
ケースが多いのです。若いころは、洋食や肉料理にも箸がす
すみ、家族の栄養や好みを考えて色々な料理を口にしていた。
しかし、年をとり一人暮らしになってからは“自分の好きなも
のだけを食べるようになった”という人が多いためです。

健康のため魚や野菜などを勧める健康情報もあふれるよう
になっています。そのため、魚や野菜は積極的に食べている
のに、肉や卵は気づかないうちに食べていない…なんて場合
もあるようです。

つまり、高齢者の孤食が偏った食生活の原因となり、「低栄
養」の危険を高くしているのです。

健康のためといっても、偏った食事では意味がありません。
自分の好みの料理や食材ばかりでなく、たまには普段は
食べないような味付け・料理法を心がけ、「低栄養」を防ぎ
ましょう。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 健康

09:56  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

血中の鉄分が少ない

2017.05.26 (Fri)

ご承知の通り、鉄は、赤血球の中に含まれ、その大きな働きとして
体のすみずみまで酵素の運搬に重要な役割を果たしている
必須栄養素の一つです。

貯蔵鉄が不足すると、からだ全体が酸欠状態になり、疲労、息切れ、
動悸、たちくらみ、めまい、頭痛などが生じます。
また、鉄分はミネラルのうちでも、不足しがちな要素のひとつで、
動物のレバーなどに多く含まれ、血液が筋肉などに酸素を運ぶ際に消費されます。
そして、鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があります。

体内で鉄分は主に赤血球の中(ヘモグロビン)に含まれますが、食物として胃に
入った時に消化液(酸性)の影響をヘム鉄”あまり受けず 吸収が促進されます。

ヘム鉄は通常肉や魚介類の内臓に多く含まれ、非ヘム鉄の2~5%に較べて
12~15%と高い吸収率を誇ります。

ヘム鉄は、ビタミンC、たんぱく質を一緒に取ると効果的です。
ビタミンCはヘム鉄、非ヘム鉄の両方に作用して、吸収されやすい形へと
変化させます。

ビタミンCの多い果物などと一緒に取るといいです。
また非ヘム鉄は動物性たんぱく質と一緒に取ることで吸収率がぐんとよくなります。
逆にタンニンとの併用は避けるようにしましょう。

お茶やコーヒーなどに含まれるタンニンには、鉄と結びついて吸収率を下げる
働きがあります。

鉄と結びついたタンニンはタンニン鉄となり、水に溶けにくくなるので、腸での
吸収が妨げられ、その結果鉄吸収率も低下してしまうというわけです。

ただし従来は鉄欠乏患者に鉄分サプリなどの摂取において、お茶などの
同時摂取を控えるよう言われてきましたが、タンニンと結合して鉄分の吸収率が
低下しても、影響を受けない鉄分の量の方が多いため、不足を補うという点では
同時に摂取してもそれほど心配するほどの影響はないそうです。

また、炭酸飲料やビールなどに含まれる炭酸、それからリンも、同時に摂取すると
鉄の吸収率が下がりますが、通常ならそれほど気にするレベルでもありませんので
気にされる必要はないでしょう。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 鉄分

16:14  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コレステロールを下げる食事(3)

2017.02.15 (Wed)

LDLコレステロールも減らす魚

魚にはEPAやDHAという多価不飽和脂肪酸を多く含んでいます。
この2つの脂肪酸は動脈硬化を予防する働きがあるのと、血液中の
中性脂肪を減らし、結果的にLDLコレステロールも減らす働きもあります。

EPAやDHAは魚の中でも、あじやいわし、さば、さんまのような、青背の
魚に多く含まれています。
魚には良質なたんぱく質の供給源でもあるので、積極的にとるように
したいものです。

但し、食べ過ぎには注意しましょう。エネルギーのとり過ぎを招き、
逆効果になりかねません。
一度にたくさん食べるのではなく、1食に食べる量は適量にして、
毎日1回は食べるようにしましょう。

またEPAやDHAは酸化しやすく、酸化すると成分も変化してしまうので、
有効成分を生かすには、鮮度のよいものを新鮮なうちに食べるのが
ポイントです。

刺身で食べれば成分は100%とりいれることができますし、加熱する
場合は焼き物や揚げ物よりも、煮物にし、煮汁まで飲むようにするほうが
効率的にとりいれることができます。

鍋やムニエルなどの調理方法も向いています。
また缶詰は鮮度のよい魚をすばやく調理しているため、EPAやDHAが
豊富なので、おすすめです。

いかやたこに含まれるコレステロールは、それなりの量が含まれていますが、
LDLコレステロール値はあまり上がらないことがわかっています。
これはコレステロールといっしょに多価不飽和脂肪酸を多く含んでいる
ことが理由です。

また、いかやたこ・えび・かに、かきやほたて・あさりなどの貝類は
タウリンというアミノ酸の一種が多く含まれています。
タウリンにはコレステロールの増加を抑制する働きがあるとされてます。
さらに、これらの食品にはコレステロールの吸収を抑制するシトステロールを
多く含んでいます。

こういったことから、いかやたこなどは、コレステロールを含んではいるものの、
逆にLDLコレステロール値を下げる働きのある成分も多く含んでいるため、
適量を食べるには問題ありません。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

10:42  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT