FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

中性脂肪とは?

2010.06.26 (Sat)

中性脂肪は、コレステロールと同じく、血液中の脂肪の
ことですが、脂肪は、水になじみにくいため、たんぱくと
結合し、リポたんぱくという状態で血液中を流れている
そうです。

中性脂肪も、リポたんぱくの一種カイロミクロンとして、
また、肝臓で合成されるリポたんぱくの一種として
血液中に運ばれるようです。

中性脂肪は、通常は、体内で脂肪酸とグリセリンという
物質に分解され、脂肪酸が筋肉などでエネルギー源と
して消費されます。

使われなかった脂肪酸は、細胞に蓄えられエネルギーが
必要になった時に取り出されるようです。

中性脂肪は、健康な大人の場合、空腹時に血液中に
1デシリットル当たり50から150ミリグラム存在しますが、
食後3-5時間後に最高値となるそうです。

中性脂肪がこの正常値を超えると、何が起こるのでしょう。

脂肪が皮膚の下や内臓の周りにたまるのが肥満ですが、
中性脂肪が肝臓にたまると脂肪肝となります。
また、脂肪の多い食事や大量の酒を飲んで中性脂肪値
が非常に高くなると、激しい腹痛を伴う急性すい炎を起こす
ことがあります。
これは、命取りになりかねないそうです。

肝臓でできたVLDLは、最終的に“悪玉リポたんぱく”に
変化し、VLDLが多いと、“善玉リポたんぱく”が少なくなり
やすく、また、悪玉リポたんぱくの性質をさらに悪くします。
これらは、動脈硬化を起こす要因となるようです。

肥満で中性脂肪値が高い人は、まず、食事によるエネルギー
摂取に気を付ける必要があり、特に果物や砂糖は、中性
脂肪を増やしやすいそうです。
一方、魚介類に含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)、
ドコサヘキサエン酸(DHA)は、中性脂肪の増加を防ぎます。

中性脂肪を減らすには、アルコールは控え、喫煙はやめた方
がいいようで、歩行、ジョギング、水泳、自転車など軽中等度
の運動を1日30分以上、1週間に3回以上するとよいそうです。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 中性脂肪 脂肪肝 動脈硬化

09:20  |  生活習慣  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

少食に病なしは本当だった

2010.06.24 (Thu)

飽食、美食の時代といわれる現代の食生活ですが、
食べ過ぎは肥満を招き、肥満は生活習慣病やがん
などの引き金となるそうです。

少食に病なし、という古くからの言い伝えを見直す
必要があるようですよ。

断食療法で病気を克服した例や、断食療法や
少食療法を取り入れた治療をしている病院も
あるようです。

その効果について、少食療法を行っている通院
患者78人と、淡路島の住民772人を対象に、
動脈硬化の発症要因について調査したところ、

総コレステロール値を見ると、淡路島住民が血清
1デシリットル当たり平均で198ミリグラムだったのに
対して、少食療法グループは20ミリグラム以上低い
平均176ミリグラムだったそうで、総コレステロール値
が220ミリグラムを超えるのは淡路島の住民では25%、
少食グループは9%。だったそうです。

善玉といわれるHDLコレステロール値は淡路島の
住民が平均50ミリグラムなのに対し、少食グループは
56ミリグラムだったそうです。

また、脳卒中の危険因子としてコレステロールよりも
重く見られるフィブリノーゲン値は、淡路島の住民が
血漿(けっしょう)1デシリットル当たり240ミリグラム、
少食グルーブが212ミリグラムとなったようです。

コレステロール値が1ミリグラム低くなると、心筋梗塞
の発病率が1%少なくなるといわれ、少食療法
受けている人は、淡路島の人に比べて20%以上も
心筋梗塞の発症率が低いということになるそうです。

特に総コレステロールが220ミリグラムを超えると、
心筋梗塞や狭心症にかかる率が増えますが、それが
淡路島住民では4人に1人だったのに、少食療法
受けている人は9%しかいなかったということは、注目
に値することのようです。

過食による鈍重肝臓の増加がもんだしで、食べ過ぎが
肥満を、肥満脂肪肝を、脂肪肝肝機能の低下
招くのですが、肝機能の低下が、さまざまな自覚症状を
もたらすことが分かってきたそうです。

例えば、疲れやすく根気がない、頭が重く肩が凝る、
いらいらする、記憶力の低下や居眠り、寒がり、暑がり、
取り越し苦労などだそうです。

肝臓には体温調節や解毒の働きがあり、この機能が
低下すると、寒がりや暑がり、肩凝りや体がだるいと
いった症状が表れてくるようで、そういう症状の患者
の中には、勉強どころか読書もできないと訴えてる
大学生が多く、そのほとんどは脂肪肝が原因だそうです。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 少食療法 肥満 脂肪肝 肝機能の低下

17:11  |  生活習慣  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

脂肪肝は要注意!

2010.06.22 (Tue)

過飲過食、運動不足を背景に脂肪肝が増えて
いるそうです。過飲過食、運動不足を背景に脂肪肝が増えて
いるそうです。
症状がないため軽視し、中には脂肪性肝炎に
移行するケースもあるようです。

そこで今日は、脂肪肝についてのお話です。

放置していると、肝硬変から肝がんへと進行する
ので、注意が必要のようですよ。

脂肪肝は、肝臓の細胞に脂肪がたまった状態で、
2、3年前から脂肪性肝炎を起こすケースのある
ことが分かってきたそうで、生活習慣病の一つと
考えた方がいいようです。

脂肪肝は原因不明のケースもありますが、飲酒や
過食によって起こりやすく、症状がないため本人は
気付かず、健康診断や人間ドックで指摘される
人がほとんどのようです。

血液検査で肝機能のGOTとGPTが50以上、
γ(ガンマ)-GTPが100以上の人は、内科で
超音波検査を受けるとともに経過を観察すべ
きのようです。

経過観察中は、飲酒を控え、ダイエットを心掛
けるなど、日常生活で疑われる原因を取り除く
ようにしましょう。

ダイエットの基本は運動と食生活の見直しで、
運動は1日30分以上、息が弾む程度の速さで
歩くとよく、食事は腹八分目にし、就寝4時間前
からは食べないようにすると効果的のようです。

過度のダイエットは逆効果なので、適正体重
まで徐々に減量していきましょう。

こうした日常のケアを続けても肝機能の検査値
が下がらない場合は、脂肪性肝炎が疑われ、
検査によって脂肪性肝炎と診断が付けば、
肝炎に関与すると考えられている活性酸素の
働きを抑える薬が用いられるようです。
症状がないため軽視し、中には脂肪性肝炎に
移行するケースもあるようです。

そこで今日は、脂肪肝についてのお話です。

放置していると、肝硬変から肝がんへと進行する
ので、注意が必要のようですよ。

脂肪肝は、肝臓の細胞に脂肪がたまった状態で、
2、3年前から脂肪性肝炎を起こすケースのある
ことが分かってきたそうで、生活習慣病の一つと
考えた方がいいようです。

脂肪肝は原因不明のケースもありますが、飲酒や
過食によって起こりやすく、症状がないため本人は
気付かず、健康診断や人間ドックで指摘される
人がほとんどのようです。

血液検査で肝機能のGOTとGPTが50以上、
γ(ガンマ)-GTPが100以上の人は、内科で
超音波検査を受けるとともに経過を観察すべ
きのようです。

経過観察中は、飲酒を控え、ダイエットを心掛
けるなど、日常生活で疑われる原因を取り除く
ようにしましょう。

ダイエットの基本は運動と食生活の見直しで、
運動は1日30分以上、息が弾む程度の速さで
歩くとよく、食事は腹八分目にし、就寝4時間前
からは食べないようにすると効果的のようです。

過度のダイエットは逆効果なので、適正体重
まで徐々に減量していきましょう。

こうした日常のケアを続けても肝機能の検査値
が下がらない場合は、脂肪性肝炎が疑われ、
検査によって脂肪性肝炎と診断が付けば、
肝炎に関与すると考えられている活性酸素の
働きを抑える薬が用いられるようです。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 脂肪肝 肝硬変 肝がん

13:55  |  生活習慣  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

脳梗塞の早期発見

2010.06.21 (Mon)

脳梗塞の軽いケースでは、症状が一時的な場合は
見逃しがちですが、放置していると重症化しやすい
そうです。

脳梗塞早期発見のポイントについてのお話です。

脳梗塞は、脳の血管が詰まる病気ですが、そのタイプは、

(1)太い血管が詰まるアテローム血栓性脳梗塞
(2)極めて細い血管が詰まるラクナ梗塞
(3)心臓などにできた血栓が、脳の動脈に流れて
  詰まる心原性脳塞栓
の三つがあるそうです。

いずれも高血圧、高脂血症、糖尿病、心臓病、
さらに遺伝などが絡み合って起こるようですよ。

こうした危険因子を持っている人は基礎疾患の治療を
徹底して、予防を心掛けるのが第一だそうです。

脳梗塞は、片まひや意識喪失、言語障害といった大きな
症状があると気付きやすいが、症状が軽いとか、全くない
ケースもあるようです。

ラクナ梗塞のように小さな梗塞、あるいは多少大きくても
脳の重要な部分から外れていると、症状が軽く、無症状
の人もいるそうで、見逃していると将来、大きな脳梗塞
起こしやすいようです。

脳梗塞の軽いケースでは、一時的に、目まい、ふらつき、
片方の目が見えない、物が二重に見える、少しろれつが
回らない、急におかしなことを言う、聞こえが悪い、片側の
手足がしびれるなど、実に多様な症状が出るそうです。

聞こえが悪くなったので耳鼻咽喉(いんこう)科を受診し、
異常がないと診断されて脳梗塞を見逃したケースもある
ようですよ。

こうした症状を自覚したときは、最寄りの神経内科や内科、
もしくは脳外科を受診して、脳の画像検査を受けるべきだ
そうです。

一方、症状がないケースでは対応が難しいのですが、まず、
無症状の脳梗塞があることをよく理解する必要があり、
特に、脳梗塞の危険因子を持っている人は60歳を過ぎ
たら、脳ドックなどで一度は画像検査を受けた方がいい
ようです。

脳梗塞は再発しやすく、繰り返すたびに重症化し、
寝たきりや認知症にならないためにも、早期に適切な
対応が必要なようです。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 脳梗塞 早期発見 画像検査

16:16  |  生活習慣  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

脳梗塞の病型

2010.06.18 (Fri)

脳梗塞(こうそく)の病型が変わってきたそうです。

動脈硬化が原因となって太い血管が詰まるという
アテローム血栓性脳梗塞が徐々に、特に都市部で
増えているそうです。

脳梗塞対策として、血圧だけでなく、コレステロール
管理も重要になっているようです。

脳梗塞は、脳の血管が詰まって脳細胞に酸素や
栄養が送れなくなり、脳細胞が死んでしまう病気
です。
1998年から2年間、入院した脳梗塞患者を調査
したところ、脳梗塞の病型は、アテローム血栓性
脳梗塞が最も多く、次いでラクナ梗塞そして、
心原性脳塞栓症の順だったそうです。

10年前の調査では、アテローム血栓性脳梗塞
25%で、ラクナ梗塞が50%も占めていたそうですが、
最近は欧米の疾病構造と同じになりつつあるようです。

アテローム血栓性脳梗塞が増加した主な理由として、
日本人の食生活の欧米化があるようです。

日本人の食生活で総カロリーのうち脂肪が占める割合は、
50%代後半には10%を超える程度だったが、97年には
26.6%になりました。
25%を超えると、コレステロール値も上がり、動脈硬化、
心臓病などの発症率が高まるといわれています。

厚生省の研究班が98-2000年に実施した全国調査では、
関東と近畿で、アテローム血栓性脳梗塞の増加が認められ、
この2地域では他地域よりも高脂血症患者が多いという結果
も出たそうです。

脳梗塞の発症には高血圧や糖尿病だけでなく、高脂血症
も危険因子となり、今後、脳梗塞対策としては、禁煙や
食生活の改善、運動などを心掛け、コレステロール値を
血液1デシリットル当たり200ミリグラム以下にするのが理想的
だそうです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 脳梗塞 アテローム血栓性脳梗塞 ラクナ梗塞

11:56  |  生活習慣  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT