04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

血中の鉄分が少ない

2017.05.26 (Fri)

ご承知の通り、鉄は、赤血球の中に含まれ、その大きな働きとして
体のすみずみまで酵素の運搬に重要な役割を果たしている
必須栄養素の一つです。

貯蔵鉄が不足すると、からだ全体が酸欠状態になり、疲労、息切れ、
動悸、たちくらみ、めまい、頭痛などが生じます。
また、鉄分はミネラルのうちでも、不足しがちな要素のひとつで、
動物のレバーなどに多く含まれ、血液が筋肉などに酸素を運ぶ際に消費されます。
そして、鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があります。

体内で鉄分は主に赤血球の中(ヘモグロビン)に含まれますが、食物として胃に
入った時に消化液(酸性)の影響をヘム鉄”あまり受けず 吸収が促進されます。

ヘム鉄は通常肉や魚介類の内臓に多く含まれ、非ヘム鉄の2~5%に較べて
12~15%と高い吸収率を誇ります。

ヘム鉄は、ビタミンC、たんぱく質を一緒に取ると効果的です。
ビタミンCはヘム鉄、非ヘム鉄の両方に作用して、吸収されやすい形へと
変化させます。

ビタミンCの多い果物などと一緒に取るといいです。
また非ヘム鉄は動物性たんぱく質と一緒に取ることで吸収率がぐんとよくなります。
逆にタンニンとの併用は避けるようにしましょう。

お茶やコーヒーなどに含まれるタンニンには、鉄と結びついて吸収率を下げる
働きがあります。

鉄と結びついたタンニンはタンニン鉄となり、水に溶けにくくなるので、腸での
吸収が妨げられ、その結果鉄吸収率も低下してしまうというわけです。

ただし従来は鉄欠乏患者に鉄分サプリなどの摂取において、お茶などの
同時摂取を控えるよう言われてきましたが、タンニンと結合して鉄分の吸収率が
低下しても、影響を受けない鉄分の量の方が多いため、不足を補うという点では
同時に摂取してもそれほど心配するほどの影響はないそうです。

また、炭酸飲料やビールなどに含まれる炭酸、それからリンも、同時に摂取すると
鉄の吸収率が下がりますが、通常ならそれほど気にするレベルでもありませんので
気にされる必要はないでしょう。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 鉄分

16:14  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

足の痺れについて

2017.05.22 (Mon)

足の痺れの原因は大きく二つに分けられると言われています。
一つは神経性の足の痺れで、もう一つは血管性の足の痺れです。

神経性の足の痺れは、その名の通り、どこかの神経が圧迫されたり
して出る症状です。
この場合、椎間板ヘルニアや上半身の神経の病気が疑われます。
もう一つの血管性の足の痺れは血管内に何らかの障害が生じたため、
血流が悪くなり足の痺れが起きるというものです。

また足の痺れと言っても、痺れている部位は様々です。
足の裏であったり、甲であったり、かかとであったり、指であったりと色々です。
そして、痺れている部位がどの部分かでその原因も違ってきます。

生活に支障をきたさない程度の足の痺れはあまり気にならないでしょう。
そのため、軽視して放置されがちになります。
しかし、その足の痺れの症状が良くならなかったり、ずっと続いたりする場合は
必ず病院で診てもらいましょう。

足は、体全体を支えている大切な部位です。
そんな足が「痺れ」という症状を使って、身体にSOSを送っているかも
知れないのです。

長時間正座をしていたり、しゃがんでいたりした後の足の痺れは、しばらくすると
おさまりますが、おさまらない足の痺れは、身体の異常のサインと思ってください。

足のしびれの種類は多様で、さらにしびれている部位によっても痛み方は様々です。
ここではその痛み方や症状が出る部位について説明します。

まず、足の裏のビリビリとした痛みの場合です。
このときの足のしびれは、首を通る脊髄神経や頸髄などの病気が要因となり
現れる場合です。
頸髄や腰髄、神経根はその位置している場所によって、足のしびれの原因となります。

足の知覚神経は、腰や頸部を通って脳に繋がっています。
ですから、足自体に何の病気がなくても足がしびれることがあるのです。
しかし、足をX線撮影してもその要因を特定できない場合があります。
この場合でもMRI撮影すると特定することができます。

これは、頸椎椎間板ヘルニアなどでよく見られる状況で、なぜなら肝心の患部がX線
では写りにくい部位だからです。
症状が進行してしまうと、歩行の際によろつくこともあります。
この場合は手術による治療も考えられます。

次に、坐骨神経痛の場合です。

この場合は足の踵が痛んだり、ふくらはぎや太ももの後ろ側にしびれや痛みを
感じたりします。
また、足が敏感になって靴で足が赤くなることもあります。
逆に足に刺激がないのにしびれや痛みを感じることもあります。

坐骨神経痛の主な原因は、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、
腰椎すべり症などで、腰の病気が主なです。
腰の病気が原因なのに腰は痛まず足がしびれます。
そのため、原因が特定されるまでに時間がかかることが結構あります。

このときは治療と並行して、刺激の少ない靴を履くことになります。
足の裏がビリビリしびれて痛む場合は、厚くてやわらかい中敷きを靴の
中に入れて使用します。
また、このときは室内でも中敷の入ったサンダルなどを履きます。
これは裸足だと足の裏を刺激してしまうからです。

最後に挙げるのは外反母趾です。

この病気は靴を脱いでも、足の親指がビリビリしびれて痛むのが特徴です。
主な原因はヒールのあるつま先の細い靴を履き続けていることです
これが原因で、足の親指の先が徐々に人差し指の方に曲がっていくのです。

そして、それによって押された部分の骨がトゲのように飛び出してくるのです。
このトゲのような骨を骨棘といいます。
これが足の指の神経を圧迫して、しびれや痛みを引き起こすのです。

外反母趾によって足元が不安定なると、上半身にも支障が出てきます。
目の疲れや肩こり、頭痛、腰痛、むくみなどがそれです。
このような症状で悩んでいる人は、たいていが外反母趾なのだそうです。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

14:41  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

頭痛について

2017.05.16 (Tue)

日本人の3~4人に1人(約3000万人)が「頭痛持ち」だそうです。
そのうち2200万人が緊張性頭痛、840万人が片頭痛、1万人が
群発頭痛といわれています。
クモ膜下出血・脳腫瘍による頭痛は、毎年3万人に発生するようです。

日常生活に支障ある頭痛を、世界中で最低40%の人が経験し、
男性よりも女性のほうが頭痛の症状を訴えることが多く、筋緊張性頭痛の
6割、片頭痛の8割が女性です。

現在の社会は、生活のリズムの狂いやストレスが多いのが現状です。
私たちはホルモンバランスを崩しやすい環境、つまり片頭痛を誘発しやすい
環境に生きているのです。

特に日本人の場合は姑との関係や育児のストレス、また仕事でのノルマや
人間関係の悩みなどが、引き金になる場合が多いと言われています。

片頭痛の痛みが起こる仕組み、長年の研究から次第に明らかになって
きています。
もっとも有力なのは脳内の血管が広がって脳細胞を圧迫するので頭痛が
するという「血管説」です。 

血小板が作るホルモンは血管を収縮させる働きを持っています。
このホルモンは、緊張した状態では血管内にたくさん放出されているものの、
ストレスから解放されると急激に減少します。この変化が頭痛の引き金になるのです。
これは血管が拡がって周囲の神経を刺激して頭痛を起こしているものです。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 頭痛

10:23  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

小脳炎について

2017.05.09 (Tue)

小脳炎と呼ばれる病気は、細菌やウイルスが脳に直接害を及ぼす
髄膜脳炎の仲間ではなく、かぜや下痢を起こす病原体に感染したあとに、
自分の免疫が中枢神経に抗体をつくる脳幹脳炎の一症状として
小脳症状を起こすものです。

小脳炎は眼球の動きが悪くなるフィッシャー症候群に伴って起こることが多く、
そのほかの脳幹の症状として、意識障害や顔面筋の麻痺などを起こすことが
あります。

病原体としてはマイコプラズマや、単純ヘルペスウイルス、帯状ヘルペスウイルス
などがいわれていますが、原因が証明できないことも多くあります。

主な症状としては、小脳炎は呼吸障害や意識障害が強い重症型でなければ、
生命に関わる病気ではありませんが、ふらつきなどが月単位で続き、不便な
状態が続きます。

治療としては、 血液中の神経に対する抗体を取り除くために、血漿交換や
ガンマグロブリンという血液製剤で治療をするようになり、病状の回復が早くなりました。

小脳炎における後遺症は、自分自身が自覚する症状は,ほとんど変化がないか、
むしろ、強まっているような気がするということも多いようです。

脳炎の後遺症の改善というのは,年単位で考えていかないといけないようですよ。
前向きに少しずつ良くなることを信じて暮らしていくことが大切なようです。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

13:45  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

喉の痛みについて

2017.04.27 (Thu)

通常、喉の痛みや違和感の原因となる病気としては、
喉頭がんや急性扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、声帯ポリープ、花粉症、
インフルエンザといったものがあります。

安静にしていれば簡単に治るものから、医師の治療を受けなくては回復が
望めないものまであり、中には命に関わる癌のケースもあるため、油断できません。

厄介なのは、ある程度の特徴はあるにしても、やはり自覚症状だけでは
どの病気が原因になっているかを特定するのは困難である点です。

喉の違和感が長期に渡るとしても、それだけでは喉頭がんの可能性も否定できない
ものの、もっと軽い病気である疑いも残ります。

何もしないでいる時に比べ、食べたり飲んだりすると、喉の痛みを感じたり、
つかえるような感覚を含めた違和感を覚えやすい傾向にあります。

飲み物に比べると、大きくて固い食べ物はこの傾向が顕著です。

風邪によって喉が炎症を起こしているために、食べ物や飲み物によって
刺激を受け、痛みや違和感を覚えるケースもあれば、より深刻な病気によって
こうした異変を感じる場合もあります。

喉の痛みの原因となるものとしては、

喉頭がん
症状としては喉の痛みや食べ物を飲み込んだ時の違和感、
つかえる感覚のほかに、声の嗄れがあります。
1ヶ月以上声が嗄れているのなら耳鼻咽喉科を受診しておいたほうがよいでしょう。
癌の中では生存率が低くないため、早くに治療を行えば必ずしも治らない
病気ではありません。
しかしながら、治療が遅れれば危険が増します。

急性扁桃炎
細菌やウイルスに感染して急性の炎症を起こす病気で、喉の痛みの他に
発熱や食欲不振、全身のだるさといった症状もあります。
治し方としては、自宅で安静にしているだけで済む場合もあり、時には
抗生物質や消炎鎮痛剤等を使用します。

咽頭炎
急性咽頭炎は細菌やウイルス、物理化学的な刺激が原因で生じ、慢性咽頭炎は
タバコやアルコールによって継続して刺激を受けることで現れます。
まずは喉を清潔な状態にして、刺激を控えましょう。

声帯ポリープ
喉にあって声を出す役割をしている声帯にポリープ(こぶ)ができるもので、
カラオケや大声を出すことで声帯を酷使するのが主な原因とされています。
症状としては喉の違和感や声の嗄れがあり、自然に消滅する場合もあるものの、
消炎薬やステロイドホルモンの投与のほか、手術を行うこともあります。

花粉症
言わずとしれた病気でしょう。目のかゆみやくしゃみ、鼻づまりのほかに、
喉にも症状が及ぶケースがあります。
季節性の病気なので、杉やヒノキをはじめとして、人によって反応する花粉の
種類が異なるため、必ずしも春だけに症状が出るわけではありません。
マスクや眼鏡によって花粉を遮断するほか、飲み薬や目薬も市販されて
いるものから、病院で処方されているものまであります。

インフルエンザ
風邪と間違われやすい症状であり、喉の違和感や痛みの他に頭痛や
発熱等が表れるのがインフルエンザです。
季節性の病気で、冬が主な時期となるため、テレビでも患者数が増えてくると
報道されます。
予防のためのワクチンを打って備えておく方法もあります。

喉にあまり違和感や痛みが続く場合は、専門医に診てもらうことをお勧めします。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

11:15  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT