06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

トイレのフタは閉めて流す

2018.07.18 (Wed)

近年、「トイレにおける食中毒への感染」が問題視されて
るのを皆さんはご存じですか?なぜ、トイレで食中毒に感
染してしまうのでしょうか。今回はそんなお話をご紹介し
たいと思います。

イギリスの研究者によれば実はトイレという空間で、食中
毒を引き起こすウイルスの二次感染が起こっているという
のです。駅のトイレやスーパーなどでも、最近では便座用
の消毒液が設置されていることが多く、正しく利用してい
れば問題はないように思いますよね。しかし、問題は便座
そのものではありません。実は、便器を洗浄する水流によ
って、便に含まれているウイルスや細菌がトイレ中にばら
まかれてしまうのです。

水流によって一度ばらまかれたウイルスや細菌はトイレの
便座の上空25.4cmまで飛散し、90分以上も空気中を浮遊
しているというのです。そして次にトイレを使用した人へ
二次感染を引き起こします。こんなことを知ってしまうと、
なんだかゾッとしますね。

そこで、この食中毒の感染を防ぐ方法もご紹介します。方
法はとても簡単です。トイレの水を流す前に便器の「フタ」
を閉めればよいのです。こうすることで水流でまき散らさ
れたウイルスや細菌をシャットアウトすることができます。
特に危険なのは、秋以降に感染者が増える「ノロウイルス」
です。強い感染力をもっているので家族内で感染してしまう
ケースも少なくありません。

イギリスのリーズ大学マーク・ウィルコックス教授は「便
座のふたを開閉する際、直接触れるとウイルスに感染する
恐れがあるため、あえてフタのないトイレを設置している
病院などもあるようです。しかし、実験の結果から考える
とそれは逆効果と言えます。ふたを開けっぱなしにしたか
らといって必ずしも病気になるわけではありませんが、少
なくともウイルスに感染している時は、フタを閉めて流す
ようにするべきです。フタに触れても手を洗えばいいので
すから。」と忠告しています。

なぜ便座にフタがついているのか、いままでは気にもしな
かったという方も、これからは“流す前に”フタを閉じる
よう意識してみてくださいね。



スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

10:15  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

人より腫れるのは「蚊アレルギー」かも

2018.07.17 (Tue)

皆さんは、ただ蚊に刺されただけなのに、重い症状を
引き起こすことがあるのを知っていますか?いまの季
節、特に身近な存在となっている蚊の知られざる実態
をお話したいと思います。

そもそも蚊は、昆虫でハエ目カ科に属します。オス・
メスともに長い口吻を持ち、上唇で食物を吸収し、下
面に唾液を送り込む管を持っています。蚊の主食は花
のミツや草の汁などで、動物の血ではありません。血
を吸うのは、メスだけで、産卵期に吸血します。

卵を発達させるために必要なタンパク質を得るために、
動物の血液が必要なのです。体温や二酸化炭素などで
動物を探し、血を吸うために寄ってきます。

蚊が血を吸う時に、こちらに送り込んでくる唾液は、
刺した時に痛みを感じさせない麻酔作用や、血が空気
にふれて固まるのを防ぐ作用などを持ついろんな成分
が含まれています。これが唾液腺物質で、刺された後
の腫れや痒みの原因になります。

蚊に刺された場所では、注入された唾液腺物質に対す
るアレルギー反応がおこります。これが、蚊アレルギ
ーです。反応の強さによって症状が異なり、個人差が
大きいのが特徴です。このアレルギー反応には2種類あ
ります。

即時型反応:刺された直後からかゆみ、腫れ、発赤

遅延型反応:刺された翌日以降に発赤、腫れ、発疹、
      水疱など

そしてこれらの症状は、時に重症化する場合がありま
す。蚊に刺された部分の発赤や腫れだけでなく、全身
に発熱、蕁麻疹などの全身症状が出てくるのです。

①重症化する原因の1つ…「EBウイルス」
EBウイルスとは、水疱瘡などのウイルスや、ヘルペス
ウイルスの仲間です。発見者の名前にちなんで、Epst
ein-Barrを略して、この名前をつけられています。こ
のウイルスには、多くの方が感染し、1歳で12.5%、2
歳で60%、20歳までに90%以上が感染すると言われてい
ます。唾液を介して人から人へにうつります。

蚊に刺された後の部分の症状が強く、水泡(みずぶく
れ)、血泡(ちまめのようなもの)から壊死・潰瘍
(皮膚がただれ、じくじくし、へこむ)まで起こって
しまい、発熱などの症状を伴う場合は蚊刺過敏症が考
えられます。原因としては蚊の唾液腺に対する免疫と
EBウイルスに対する免疫反応が関与しています。発熱
だけでなく、リンパ節が腫れたり、下痢などがみられ
ることもあります。

蚊アレルギーがひどいと感じたら、EBウイルスの検査
をしておいた方がいいかもしれません。検査は主に血
液検査でEBウイルスに対する抗体を測定します。あま
りに腫れががひどい場合や治りが悪い場合には、軽視
せずに医療機関へ相談しましょう。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

11:22  |  アレルギー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

体内に水分を貯蓄しよう

2018.07.11 (Wed)

体に筋肉が少ない人でも、体の中の水分を常に一杯に
しておく事を心がけることで熱中症の予防をすること
ができます。そのために、今回お伝えしたポイントは
2つです。

1、十分な水分と塩分の摂取を心がけ、暑い環境を避ける

こまめな水分補給で常に体の水分タンクを一杯にして
おく一方、 涼しい環境にいることで、水分が汗として
失われるのを防ぐことが重要です。年齢が上がるにつれ、
のどの渇きや暑さを感じにくくなるので、 時間を決め
て水分をとる、早めにクーラーをつけるなどの対策を
おすすめします。

2、食事を摂り、もし食事が減った場合は その分の水分を
 きちんと摂る

人は一日に約1リットルもの水分を、「食べ物」から摂
取しています。食事を一回抜くと、コップ2杯分の水分
をとらなかったのと同じ計算になります。夏場でも食事
はしっかり食べる事を心がける、食事が少なくなった分
は意識して水分をとる事をおすすめします。

●暑さに強い体を作るトレーニングについて
効率よく筋肉を増やす方法として、「インターバル速歩」
というものがあります。

【インターバル速歩】
・ややきつめの速歩を3分間行ったら、ゆっくり歩きを
 3分間、そのあとまた速歩3分、というように、ゆっ
 くり歩きと速歩を交互に繰り返します。

・終わってから30分以内に、コップ1杯の牛乳を飲む

※最初は1日15分くらいから始め、最終的には1週間
 で速歩の時間が合計60分になるのを目標にしてください。
 例)1日に3分の速歩を5回 ×週4回

※牛乳でなくても、乳タンパクを含むヨーグルトやチー
 ズでもかまいません。

※夏場に無理をすると熱中症になってしまう可能性があ
 ります。気温が25度を超える場合は運動を避け、涼し
 い朝夕の時間などに行ってください。


年齢とともに減っていく筋肉は、暑さに強くなるために
も大切な役割をもっていることがお分かりいただけたで
しょうか。高齢になると、喉の渇きや暑さを感じ取る機
能も鈍くなります。そのため重度の熱中症になるまで自
覚がないケースも多いのです。

筋肉を減らさない努力をすることで、夏に負けない体作
りをしていきたいですね。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 健康

10:11  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

身体、渇いていませんか

2018.07.10 (Tue)

いよいよ夏本番ですが、皆さんは暑さ対策をシッカリ
されていますか?毎年30万人もの人が襲われている
という「熱中症」ですが、意外にも「自分は大丈夫」
と思っている人が多いようです。

しかし、最近の研究では体の水分がそもそも足りてな
い「ドライボディ」の人が400~800万人もいることが
わかってきました。

そこで今回は、ドライボディの人が気をつけなければ
ならない熱中症についてお話をしたいと思います。

ドライボディがやっかいなのは、水を飲んでも体の水
分不足が解消されにくいことです。本人に自覚はほと
んどないのですが、放っておくと血液ドロドロが進ん
でちょっとした暑さに対応できずに、一気に重度の熱
中症になる危険があります。

このドライボディから抜け出し、暑さに強い体を作る
カギは“筋肉”です。

筋肉は体に水分を蓄えるタンクの働きをしていて、筋
肉が多い人ほど水分の余裕があるといえます。つまり
熱中症になりにくいと考えられているのです。

体重60kgの成人男性では、約15kg~20kg
もの水分が筋肉に蓄えられています。筋肉が少ない人
は少しの暑さでも脱水状態になりやすく、水を飲んで
も貯めておくことが出来にくくなります。筋肉が大き
く減ったお年寄りの場合、カラダの中の水分が5kg
~10kgも減ってしまっている場合もあります。

以下の項目のどれかに該当する場合は、体の中の水分
量が不足している可能性があります。目安にしてください。

①口の中、脇の下が乾いている
②便秘気味である
③手の甲をつねると3秒以上跡が残る
④最近急に体重が落ちた


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

12:26  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

梅雨のメリハリ生活

2018.07.06 (Fri)

さて、先ほどは夏になる前に暑さに強い体づくりを…
というお話をしました。しかし、夏が来る前の梅雨の
季節にも体調は崩れやすいものです。

この時期、雨や曇りの日は蒸し暑かったり肌寒かったり
しますし、晴れれば真夏のように暑さが厳しい日もあり
ます。短い期間で気温や気圧が大きく変化するため、そ
の変化に体がついていけず自律神経の働きが乱れやすく
なるのです。体温調整や臓器の働きなど、体のさまざま
な機能をコントロールしている自律神経の働きが乱れる
ことで、頭痛やめまい、肩こり、冷え、食欲不振、倦怠
感(けんたいかん)など、さまざまな不調が現れやすく
なります。

自律神経は、活動しているときや緊張しているときに働
く交感神経と、休息しているときに働く副交感神経の、
対照的に働く2つの神経からなっています。朝起きて活動
しているときは交感神経が活発に働き、休憩時や夜は副交
感神経が活発に働いて体を休ませ、疲労を回復します。こ
のように2つの神経が互いにバランスよく働くことで私た
ちの健康は維持されています。

梅雨どきは朝から気分がすっきりせず動きも鈍りがちで、
あまり外に出たくないという人も多いかもしれません。
しかし、それだとますます気分は晴れず、体がだるい、疲
れもとれないという悪循環になってしまいます。

朝はいつもと同じ時間に起き、きちんと朝食をとって活
動モードに切り替え、日中は意識して活動的に過ごしま
しょう。そして夜はぬるめのお風呂にゆっくりつかるな
どして心身をできるだけリラックスさせ、しっかり睡眠
をとります。自律神経のバランスを整えるためには、こ
のように生活リズムを整えるとともに昼夜の生活にメリ
ハリをつけることが大切です。

また日照時間が少なくなる梅雨どきは、太陽の光を浴び
ることで分泌が促される「メラトニン」と「セロトニン」
が不足しやすいともいわれています。メラトニンは睡眠
ホルモンと呼ばれ眠りを促す物質で、足りなくなると不眠
の原因になります。セロトニンは脳内神経伝達物質の1つ
で、不足すると「うつ」を起こしやすくなるといわれてい
ます。

このような不眠や季節性のうつ対策には、朝起きたらカー
テンを開けて太陽の光を浴びることが大切です。雨や曇り
の日でも、カーテンを開けて部屋を明るくしましょう。雨
降りでなければ、できるだけ外に出るようにするのもよい
でしょう。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

12:19  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT