06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

骨盤のゆがみ

2017.07.10 (Mon)

人間の体を家に例えるならば、骨盤は家を支える大切な土台です。
『出産』や『外傷』『誤った姿勢』などにより土台である骨盤が傾くと、
柱である背骨にも問題が生じます。
                                  
その為、背骨を構成している関節や、背骨を支えている筋肉・靭帯に
捻れや損傷が起こり、ぎっくり腰などの腰の痛みや背中・首・肩などの
トラブルも起こし易くなります。

また、骨盤と連結している股関節にも捻れやゆがみ等が生じますので、
股関節や膝・足関節の損傷などのトラブルも起こし易くなります。
                                 
骨盤と一言で書くと、一つのもののような感じがするかもしれませんが、
大きく分けて3つの骨で構成されています。

右側のお尻の骨(右腸骨)、左側のお尻の骨(左腸骨)、お尻の真ん中の骨(仙骨)
左右のお尻の骨の場合、真横から見て片方が前側に倒れたり、後ろ側に倒れたりします。

左右ともに前後に倒れることもあります。
真後ろから見て、片側だけが上下にズレることもあります。
真ん中の骨の場合はさらに複雑に、真後ろから見て左右に傾いたり、回転したりします。
ズレるといっても数ミリ程度のものです。
でもこの数ミリのズレが、体調に深く関わってきます。
骨盤の理想的な状態とは、これらの骨がバランスのいい状態にあって、生理周期や
朝夕にあわせて柔軟に開いたり閉じたりができることです。
ズレや歪みがあると、柔軟に骨盤が動くことができないため、その中に含まれる
子宮や卵巣、消化器官に影響が出てしまいます。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

13:26  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

熱中症にたいする対策

2017.07.03 (Mon)

熱中症のリスク指標として、人体の熱収支に与える影響
の大きい気温、湿度、輻射熱の3つを取り入れた指標、
暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temp
erature)が推奨されています。輻射熱とは、地面や建物、
体から出る熱で、温度が高い物からはたくさん出ます。

熱中症リスクを知るには、環境省が発表している「今日
・明日の暑さ指数」が有用です。各都道府県の主な気象
観測所の所在地の実況と予測が確認できます。3時間単位
で提供されているので、暑い時期や外出する際には確認
する習慣をつけておくといいでしょう。

そして、熱中症の予防にはこまめな水分補給が重要にな
ります。といっても、ただ水を多量に飲むのではなく、
水分と塩分をバランス良く摂取することが大切になります。

スポーツドリンクのこまめな水分補給でも問題ありませ
んが、スポーツドリンクは塩分量が少なく、糖分が多い
という特徴があります。熱中症の水分補給には、塩分と
水分の両者を適切に含んだもの(0.1~0.2%の食塩水)が
推奨されているのを覚えておきましょう。梅昆布茶や味
噌汁なども、ミネラル・塩分が豊富に含まれており熱中
症の予防に有効といえます。

夏場は特に高齢者に脱水症が生じやすく、また脱水に自
分では気づきにくいので注意が必要です。さらに、高齢
者はお茶など塩分が少ないものを好む傾向にあり、自分
では水分補給をしているつもりでも、結果的に電解質が
補給されていない場合もあります。日頃から、経口補水
液などを定時に飲むような習慣をもつことが熱中症の予
防につながります。

近年では労働環境下でなく、屋内で熱中症の発症頻度が
増加しています。この場合、日常生活の中で徐々に進行
するため、周囲の人に気付かれにくく、対応が遅れて重
症化する傾向にあります。夏場のみに起こるという先入
観をもたず、「夏場以外のシーズンでも起こりうる」
「炎天下の屋外以外でも起こる」ということを心に留め
ておきましょう。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 熱中症

11:22  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

熱中症に注意

2017.07.03 (Mon)

毎年、「熱中症」「熱射病」「日射病」などの体調不
良でお亡くなりになる方がいらっしゃいます。それは
自分でも気がつかないうちに重症の症状になってしま
いがちなためです。

そこで今回は、暑い夏を乗り切るためにどんなポイン
トに気をつければいいのか、基本的な知識を交えてご
紹介したいと思います。

そもそも「熱中症」は「暑熱環境における身体適応の
障害によって発生する状態の総称」と定義されます。
簡単にいうと、「気温・湿度の高い環境によって引き
起こされる体調不良」といえるでしょう。

この「熱中症」の最重症型が「熱射病」です。また、
太陽光が熱源となって脱水などを引き起こし、相対的
に循環血液量が減少しておこる“立ちくらみ”のこと
を「日射病(熱失神)」といいます。「熱射病」の中
で、太陽光が熱源となっているものを「日射病」と記
しているものもあります。すこし紛らわしいですね。

熱中症」には、「熱失神」「日射病」「熱けいれん」
「熱疲労」「熱射病」といった病態が存在します。
しかし、定義自体があいまいで混乱があることや重症
度を把握しにくいという問題点があります。さらに
熱中症」は予防・早期発見・早期診断が重要である
ことから、専門家以外でも理解しやすい分類と疾患概
念が必要とされてきました。

そこでI~III度の3段階に分類する熱中症の新分類が
提案され、今回「熱中症診療ガイドライン」が日本救
急医学会から作成されるに至りました。「熱中症」の
新分類では、意識障害の有無などをもとに「現場で対
応可能」「受診が必要」「入院が必要」の3段階に単
純化されるようになりました。

熱中症の発生に最も寄与する気象要素は「気温」です。
夏期の湿度が高い日本では、気温だけでなく「湿度」
も熱中症の増加に大きく寄与します。梅雨明け前後7月
中旬から8月上旬にかけてピークを迎え、発症時期は
12時および15時前後の日中が最も多いとされています。
また、暑くなる前は、真夏よりも低い温度で熱中症が
発生するので注意が必要です。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 熱中症

11:19  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

すい臓がんについて

2017.06.21 (Wed)

近年、がんに罹る方が増えています。日本において
昭和56年より死因の第1位となったこの病気は、現
在では年間36万人以上の人の命を奪っています。日
本人にとって、がんは「国民病」といえるでしょう。

国民の2人に1人ががんにかかり、3人に1人が
がんで亡くなるとされていますが、そのなかでも
特に危険だといわれているのが「すい臓がん」です。

自覚症状が乏しいため早期発見がきわめて難しく、
進行が早い、そして肝臓などほかの臓器にも転移
しやすいという特徴があります。

すい臓は、胃の後ろにあり、長さ20cmほどの細長い
臓器です。すい臓は2つの役割を果たしています。
食物の消化を助けるすい液の産生(外分泌)と、イ
ンスリンやグルカゴンなど血糖値の調節に必要なホ
ルモンの産生(内分泌)です。すい液は膵管(すい
かん)によって運ばれて主膵管(しゅすいかん)と
いう1本の管に集まり、十二指腸乳頭(じゅうにし
ちょうにゅうとう)へ流れます。

すい臓にできるがんのうち90%以上は、膵管の細胞
にできます。これを膵管がんといい、すい臓がんは、
通常この膵管がんのことを指します。すい臓は洋ナシ
を横にしたような形をしていますが、膵管はこの細
長いすい臓を貫いて網の目のように走る細い管です。
手術するときは、がんのある位置や広がりによって、
これらのどこを切除するかが決められます。

すい臓がんは自覚症状がまったくない場合が多く、
自覚症状があったとしてもすい臓がんだと気づきに
くいという特徴があります。すい臓がんの症状とし
て1番多いのが、上腹部や背中などの痛みと黄疸です。
黄疸がでると皮膚や白目の部分が黄色っぽくなります。

がんがある程度進行すると、体重減少・全身倦怠感・
食欲不振などの全身症状がでてきます。しかし、この
ような症状は他の病気でもあらわれやすいため、すぐ
すい臓がんと特定することは難しいといえます。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : すい臓がん

09:13  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

肘の滑液包炎について

2017.06.08 (Thu)

関節の周りに多い滑液包が炎症を起こす病気です。
肘先でも、骨と皮膚の間の部分で刺激が続くと、 滑液包が炎症をおこし
腫れることがあります。

これは肘の滑液包炎と言いだいたいの場合、自宅で肘をついて寝そべったり、
肘を長時間つくような生活習慣を見直していただき、 痛くなった原因を取り
除くことで治ります。

液包炎に多い場所は、よく動かしたり摩擦がある所で起こります。
理由は、摩擦が多くかかる所に滑液包が多くあるからです。

実際に、肩・膝・肘・股関節・足首など関節や皮膚の動きが多い場所に
発生しやすいです。

原因は、使いすぎ・関節症・外傷・痛風・関節リウマチ・関節症など

多い場所としては、肩・膝・股関節・肘・足首で、症状としては 痛み
・関節可動域の制限・腫れなどです。

関節に近い場所の滑液包炎は腫れがあってもわかりにくいことがありますが、
皮膚表面の滑液包炎の場合、腫れが目立ってきます。

動かしたり、滑液包炎の場所を押さえると痛みがあることが多く、 肘など
皮膚に近い滑液包炎の場合は痛みがないこともあります。

黄色ブドウ球菌などの感染や結晶誘発性関節炎が原因の場合は痛みが
強く、赤く腫れることがあります。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

13:54  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT